logo

“全国9工場限定”「一番搾り」新発売

キリンビール株式会社 2015年01月21日 09時39分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、今年発売25周年を迎える「キリン一番搾り生ビール」から、全国の9工場※1ごとに味の違いや個性を楽しめる地域限定の「一番搾り」を5月より発売します。
※1 キリンビール北海道千歳工場、仙台工場、取手工場、横浜工場、名古屋工場、滋賀工場、神戸工場、岡山工場、福岡工場

この「一番搾り」は、全国9工場それぞれの醸造長※2が、地域で暮らすお客様のために造った特別な「一番搾り」です。各工場ごとに味覚やコンセプトが違う、地域密着型の商品として展開していきます。
近年、ビール市場はお客様の嗜好性の高まりにより、味の違いや個性を楽しめるビールへの飲用意向が高まっています。当社は、同商品の発売を通じて地域活性化を図るとともに、ビール市場を活性化していきます。
※2 商品開発から醸造までを担当している醸造開発責任者。

「キリン一番搾り生ビール」は、2014年年間の販売実績で前年を上回るなど好調に推移しています。今年は、キリンのものづくりを象徴するブランドとして、お客様のビールに対する関心を高めていく活動を展開するとともに、「一番搾り製法」の価値をより実感いただくことで、「一番搾り」ブランド全体の強化と、ビール市場の総需要拡大を目指します。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。