logo

「英検IBA」 4月1日から本格スタート

公益財団法人 日本英語検定協会 2015年01月16日 11時28分
From Digital PR Platform


公益財団法人 日本英語検定協会 (理事長:松川孝一、所在地:東京都新宿区、以下、「英検協会」) は、実用英語技能検定(以下、「英検」)と共通のスコア尺度で成績の比較を可能とするテスト、「英検IBA(Institution Based Assessment)」※1を4月1日よりリリースいたします。

※1「英検IBA」は、これまで「英語能力判定テスト」の名称で親しまれてきました。詳細は、2014年12月19日付のプレスリリースをご参照ください。 (リンク

【「英検IBA」スタートの背景】
●「英検IBA」の前身である「英語能力判定テスト」は、2003年より10年以上にわたり、皆様に親しまれてきた団体受験専用のテストです。大学では入学者のクラス分け等に、中学校・高等学校では生徒の英語能力測定や、英検を受ける前の模擬試験としてもご活用いただいておりました。また都道府県や市区町村といった自治体におきましては、生徒たちの英語力の推移の検証等にご利用いただき、これまで多くの皆様にご愛顧いただいてまいりました。

その中で、特に中学校や高等学校の関係者の皆様から、「試験時間を短縮して授業時間内で実施できるように改良してもらえないか」という要望が上がっておりました。従来の「英語能力判定テスト」は50分~55分程度の試験時間を要するため、授業時間内で実施することが難しく、これまでは、試験を実施するために別の機会を設けたり、授業時間を延長する等のご協力をいただいておりました。このような状況をふまえ、「英検IBA」は、授業時間内で実施しやすいよう、試験時間を45分に短縮することにいたしました。

<Common Scale for English (CSE) イメージ図>
※PDFをご参照ください

●一方で、昨今の英語教育の現状に目を向けますと、グローバル人材の育成の機運が高まっており、幼少期から「読む」、「書く」、「聞く」、「話す」の4技能を総合的に習得することが求められています。また入試では、外部の資格・検定試験の活用の動きが本格化しています。

そこで英検協会では、英語学習の初期段階から生涯にわたり、継ぎ目のない一貫したスコア尺度を開発する必要性を認識し、2014年9月1日、一般財団法人日本生涯学習総合研究所とともに、国際基準規格のCEFR(欧州言語共通参照枠)との関連性を持たせたユニバーサルな新しいスコア尺度「CSE (Common Scale for English)」 を発表いたしました。現在、CSEをより精緻化された尺度とすべく鋭意研究・開発中ですが、今後は英検協会が運営する各種テストへのCSEスコアの導入はもちろん、国内外の英語関連の資格・検定試験を運営する各関連機関に協力を仰ぎ、CSEを用いたスコアの統一を目指します。

このCSEスコアのリリースの流れの中で、英検に続き、「英検IBA」にもCSEスコアを導入し、上述の試験時間の短縮等の大幅リニューアルをいたします。これにより、「英検IBA」を英検ブランドのテストファミリーとしての位置づけで、「英検IBA」で得たCSEスコアを参照することで、「英検」受験者は受験級を適切に選定することができます。また、「英検」受験後も、CSE統一スコアを通して定量的に学習の伸長度を確認することができるようになります。

4月1日から本格スタートする「英検IBA」の主な特徴は以下のとおりです。

【「英検IBA」の主な特徴 】
※PDFをご参照ください

なお、CSEと「英検IBA」をご活用いただく上での学習者、学校、自治体それぞれのメリットについては、別紙をご参照ください。
「英検IBA」は、今後もご利用者様のご要望に応じて、様々なオプションをご用意してまいります。詳細は、4月1日のリリースのタイミングに合わせて英検協会ウェブサイト上にてご案内いたします。

今後は、「英検Jr.」、「TEAP」、「IELTS」等の英検協会の各試験にもCSEスコアの導入を図ってまいります。それにより、英語学習者は、4技能それぞれのCSEスコアに基づいて自身が伸ばすべき技能を的確に把握し、効率的な学習を行うことができるようになります。こうした取り組みは、わが国における実用英語の普及と向上に寄与することを目指す英検協会の存在意義によるところです。英検協会は、今後も学習者の生涯にわたる成長を支援してまいります。


<別紙>
※PDFをご参照ください
【CSEと「英検IBA」をご活用いただくことでのメリット】

◎学習者のメリット
・今の自分の英語能力を技能別に把握できます。
・今の自分の弱点や学習ポイントがわかります。
・今の自分の級レベルがわかるとともに、次の級までの距離が定量的に把握できます。
・過去の自分のスコアと比較し、どの能力が向上したかを確認できます。
・英語能力の向上が確認でき、次への挑戦につながります。

◎学校のメリット
・適正な検定級が推奨できるので、合格率アップにつながります。
・合格による成功体験の積み重ねにより、生徒の学習意欲向上につなげられます。
・受験データを活用することで、授業の指導方針が立てやすくなります。
・個人への学習アドバイスがしやすくなります。

◎自治体のメリット
 ・各市区町村レベルから学校単位に至るまで、技能別のスコアの傾向を把握し、都道府県レベルで適切な指導方針が
  立てられます。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事