logo

スレッドニードル・インベストメンツとコロンビア・マネジメントがブランド名の統一を発表

スレッドニードル・インベストメンツ 2015年01月15日 09時20分
From 共同通信PRワイヤー

スレッドニードル・インベストメンツとコロンビア・マネジメントがブランド名の統一を発表

AsiaNet 59085(0021)

【シンガポール2015年1月13日PRN=共同通信JBN】
新たなグローバル・ブランド、コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツが2015年上半期に誕生

スレッドニードル・インベストメンツ(スレッドニードル)は、2015年上半期にコロンビア・スレッドニードル・インベストメンツ(英語名称:Columbia Threadneedle Investments)に社名を変更すると発表した。新社名はスレッドニードルと米国に本社を置く同社の姉妹会社コロンビア・マネジメント(コロンビア)の運用能力、顧客基盤、人的資産を表す世界統一ブランドとなり、顧客に両社のベストな運用体制へのアクセスを提供するとともに、今後の世界経済の成長において市場シェアを拡大できる準備が整うことになる。

コロンビアは運用資産額が3580億米ドル(2014年9月30日現在)と、米国で第11位の規模を誇る長期ミューチュアル・ファンドの運用会社である。スレッドニードルとコロンビアを合わせると先進国株式、新興国株式、債券、マルチアセット・ソリューション、オルタナティブ(英国不動産を含む)で5050億ドルの運用資産規模を持つ世界第30位の資産運用グループとなる。コロンビアとスレッドニードルの両社は有力な米国のフィナンシャル・サービス会社のアメリプライズ・フィナンシャル(英語名称:Ameriprise Financial、NYSE: AMP)傘下の運用会社である。

新たなグローバル・ブランドとなるコロンビア・スレッドニードル・インベストメンツは英国、欧州、米国の確立された市場で両社の力を強化しながら、アジア太平洋、中南米、中東を含む重要地域での同グループのプレゼンスを拡大させることができる。

なお、新たなグローバル・ブランド誕生の結果によって両社の投資戦略、哲学、プロセスが変わることはない。

スレッドニードルのレイマンド・ユー、アジア・太平洋地域責任者は「これは、スレッドニードルと、同社のアジアおよび世界の顧客にとって重要なステップである。過去2年間、われわれはコロンビアの同僚たちと協力してアジアの顧客に提供する運用商品を増大させてきた。単一のグローバル・ブランドで両社の総合力を示すことは次の自然な流れであり、われわれにとっても新たな発展である」と述べ、さらに次のように語っている。

「われわれはアジアにおいてスレッドニードルとコロンビア両社の運用商品を幅広く提供しており、新たなグローバル・ブランドは、われわれのビジネスをよりよく反映したものとなる。コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツでは、2つの確立された運用会社が顧客のために協力してビジネスを展開する。新ブランドの下で世界規模の運用会社グループとなり、より多くのリソースを活用し、投資見通しや運用手法を紹介し、アジアの個人投資家、機関投資家により良いサービスを提供する」

「アジアの投資家は、世界のあらゆる地域で安定して高い超過収益を生み出し、運用のソリューションを提供できる運用会社を求めている。われわれは、コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツという統一ブランドの下で協力し、世界中から最良の人材、能力、ソリューションを結集し、これらをアジアの顧客ニーズに合わせることによって競争力を高めていく」

コロンビアのグローバルCIO、コリン・ムーア氏は「コロンビアとスレッドニードルの両社は、顧客が期待する投資成果を提供することへのコミットを含め、多くの哲学と価値観を共有している。金融市場と経済動向がますます相互接続する現在の世界において、米国、欧州、アジアで強力な確立された投資能力を持つことは運用会社として重要な条件である。ここ数年間、われわれはコロンビアとスレッドニードルの両社間での情報共有と投資アイデアの交換の環境を整えてきた。われわれの運用チームはそれぞれの投資スタイル、運用プロセスを変えることはないが、リサーチ力を世界的に共有することで総合的な知的財産をフル活用できる。その結果、世界規模のリサーチ・プラットフォームが強化され、ポートフォリオ・マネジャーに強力な投資アイデアと分析力が備わることになる」と語っている。

アメリプライズ・フィナンシャルのグローバル・アセット・マネジメントCEOであるテッド・トラスコ氏は「当グループが世界中に保有する運用リソースを表す新たなグローバル・ブランド、コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツを紹介する。両社が協力することで、運用商品は拡大し、投資判断力も一層向上して顧客が期待する運用成果を実現する ―新たなグローバル・ブランドはこうした体制を反映したものとなる。世界の顧客は、両社の総合的なリサーチ・アイデアと見通し、トレーディング技術と運用戦略、そして親会社のアメリプライズ・フィナンシャルの強固で安定した財務基盤、リソースの恩恵を受ける」と述べている。

新ブランドは2015年上半期に世界的に導入されるが、両社で確立された運用チーム、投資戦略、運用プロセスは変わらない。スレッドニードルの既存ファンド、顧客ポートフォリオ、マンデートも一切変更はない。新ブランドの誕生で各社の組織や規制上の位置づけも変わらない

会社案内:コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツ

-運用資産規模は両社合計で5050億ドル。先進国、新興国市場の株式、債券、マルチアセット・ソリューション、英国不動産を含むオルタナティブ運用を提供。
-アジア太平洋、北米、欧州、中東の18カ国に拠点を有する。アジアでは、シンガポール、香港、台湾、マレーシア、韓国等に拠点を有する。
-ロンドン、シンガポール、ボストン、ミネアポリス、ニューヨーク、シカゴ、ポートランドなど米国各地を拠点とする合計約500人の運用体制。
-従業員は合計約2,000人。
-運用規模、世界30位の資産運用グループ、英国で5位のリテール・ファンドの運用会社、米国で11位の長期ミューチュアル・ファンドの運用会社。
-121ファンドがモーニングスターの4つ星、5つ星に格付けされている。
-ニューヨーク証券取引所に上場されている米国の有力な金融サービス会社のアメリプライズ・フィナンシャル(英語名称:Ameriprise Financial, Inc., NYSE: AMP)傘下の運用グループ。アメリプライズ・フィナンシャルは、資産総額が7970億ドル(2014年9月30日現在)で、米国のフィナンシャル・プランニングの最大手である。

▽報道関係問い合わせ先(英語のみ)
Grace Chow
+65-6309-1089
+65-9729-1770
Grace.Chow@threadneedle.com

(編集者注)
▽スレッドニードル・インベストメンツについて
スレッドニードルは有力な世界的運用会社で、幅広い資産クラスで強固な実績がある。1501億ドルの資産規模(2014年9月30日現在)を有し、アクティブ運用を手掛ける。個人、年金、保険会社、企業などに投資サービスを提供する。ロンドンで1994年に設立され、17カ国に拠点を有する。

スレッドニードルの特徴的な投資アプローチは、創造的な思考、アイデアの共有、活発な議論に基づく。同社の約160名の運用チームは先進国、新興国市場の株式、債券、コモディティ、英国不動産などをカバーする。2014年9月30日時点で、スレッドニードルのファンドの多くがアウトパフォームしており、過去1年間で57%、過去3年間で68%、過去5年間で83%のファンドがアウトパフォームしている(注1)。2014年、スレッドニードルは運用業界で名誉ある70のアワード(賞)を世界中で受賞した(注2)。

スレッドニードルは米国の有力なフィナンシャル・サービス会社で資産総額が7970億ドル(2014年9月30日現在)を有するアメリプライズ・フィナンシャル傘下の運用会社。スレッドニードルは世界的な運用会社として、その運用サービスをアメリプライズや、個人、機関投資家に提供している。

(注1)スレッドニードルが運用するすべてのファンドとセパレート・アカウント/ポートフォリオを含む。ただし、スレッドニードルのファンドで第三者の運用会社に運用を委託しているものやゲスト・ファンドは含まない。すべての数字は2014年9月30日現在で、通貨は特に指定がない限り英ポンド。関連ベンチマークをアウトパフォーマンスしているファンド比率は純資産総額比で計算されパーセンテージで示されている。この情報はスレッドニードルの資産運用チームの全体的なパフォーマンス能力を示唆するものであり、個々のファンド、運用商品のパフォーマンスを示唆するものではない。個々のファンドに関してはそれぞれの関連書類を参照のこと。投資価値および投資によってもたらされる収益は変動し、キャピタルゲインもインカムゲインも保証されない。

(注2)詳細はリンク

▽コロンビア・マネジメントについて
コロンビア・マネジメントは長期ミューチャル・ファンドの大手運用会社で、2014年9月30日現在の運用資産規模は3580億ドル。コロンビア・マネジメントはアメリプライズ・フィナンシャルの子会社である。

Past performance is not a guide to future performance.

The value of investments and any income is not guaranteed and can go down as well as up and may be affected by exchange rate fluctuations. This means that an investor may not get back the amount invested.

This material is for information only and does not constitute an offer or solicitation of an order to buy or sell any securities or other financial instruments, or to provide investment advice or services.
The research and analysis included in this document has been produced by Threadneedle Investments for its own investment management activities, may have been acted upon prior to publication and is made available here incidentally. Any opinions expressed are made as at the date of publication but are subject to change without notice. Information obtained from external sources is believed to be reliable but its accuracy or completeness cannot be guaranteed.

Issued by Threadneedle Investments Singapore (Pte.) Limited. Registered in Singapore, Registration No. 201101559W, 3 Killiney Road, #07-07 Winsland House 1, Singapore 239519. Regulated in Singapore by the Monetary Authority of Singapore.

Columbia Threadneedle Investments will be the global brand name of the Columbia and Threadneedle group of companies.

Photo - リンク

ソース:Threadneedle Investments Singapore (Pte.) Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。