logo

女性が1 年で最も「脂肪」が気になる季節到来 “冬太り”放置すると、食欲が増す?!

ウーマンウェルネス研究会supported by Kao 2015年01月14日 11時16分
From Digital PR Platform


「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』(リンク)にて、新たなコンテンツを発表いたしました。以下にご紹介いたします。
―――――――――――――――――――

女性の健康力向上を通した社会の活性化への貢献を目指す『ウーマンウェルネス研究会supported by Kao』(代表:対馬ルリ子/産婦人科医)では、多くの女性が「脂肪」を気にする季節を前に、年末年始の冬太りの三大原因とそれぞれの対策方法をご紹介いたします。

――――――――――――――――――――
◆1月は体重・体脂肪が最も気になる季節!
――――――――――――――――――――
年末年始は、忘年会や新年会、親戚の集まりなど、ついつい食べすぎ・飲みすぎてしまう機会が多い上、寒さから運動不足にもなりがちな時期です。体重・体脂肪に関する意識調査でも、1年の中で1月に体重や体脂肪が気になると回答した女性は78%で、1 月は年間で最も体重や体脂肪が気になる季節ということがわかっています。(グラフ(1))

―――――――――――――――――――
◆冬太りのメカニズム
―――――――――――――――――――
当研究会メンバーで医学博士、健康科学アドバイザーの福田千晶先生は、冬太りについて次のように述べています。
『冬は、身体が体温調節をすることでカロリーを消費するため、夏よりも基礎代謝が上がります。しかし、「基礎代謝が上がる=痩せやすい」と安心するのは要注意です。個人差があるものの、“寒さで熱(エネルギー)を消費する分、エネルギーを蓄えなくては”と身体が考えて省エネモードになる、つまり太るリスクが高いとも考えられるのです。さらに冬は宴会が多い上、食べ物を美味しく食べられる季節でもあり、寒さから身体を温めようと高カロリーな食べ物を欲しやすくなるなど、食の誘惑も多いため、太りやすい季節といえます。』

――――――――――――――――――――
◆“冬太り”による体重増加で食欲が増進
――――――――――――――――――――
さらに、福田先生は冬についた脂肪=“冬脂肪”についても要注意だと指摘しています。
『身体は、体重が増えるとその体重を維持しようとするため、以前よりも食欲が増してしまいます。身体は、体重が2キロ増えるだけでも動きにくくなるので、“冬脂肪”を放置すると、春を迎えて暖かくなっても身体が重く、動くことが億劫になるため運動量が減り、さらに太る、という負のスパイラルに陥ります。“冬脂肪”を春までに落とせるかどうかで、春以降に太るリスクも変わってくるのです。』

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆冬太り三大原因 (1)暴飲暴食、(2)冷え、(3)運動不足 の対策方法
――――――――――――――――――――――――――――――――――
●原因その(1):「暴飲暴食」
<原因>
年末年始は、忘年会や新年会など宴会の機会が多くなり、つい食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしてしまいます。特に、宴会では大皿から取って食べたり、飲み干す前にお酒を注がれることで、食べた量・飲んだ量を自分で把握しにくくなり、普段より飲食量が多くなってしまいます。
また、宴会により夕食時間が遅くなり、さらに朝食欠食も多くなりがちです。最新の研究で、遅い時間の夕食や朝食欠食は内臓脂肪を溜めやすいことがわかっています。(参考資料:図(1)参照)

<対策>
(1)食べた量を把握する
食べる分だけ取り皿にとる、お酒は飲み干してから注いでもらうことを心がけ、自分の食べた量を把握するようにしましょう。

(2)早め集合・早め解散
宴会は早い時間から開始し、早めの時間に切り上げるようにし、夕食時間が遅くならないようにしましょう。
翌日は、朝食を抜かずに体調に合わせた食事をとり、朝食習慣が乱れないようにしましょう。

(3)茶カテキンを取り入れる
食べる量や時間の工夫のほか、手軽に冬太り対策をしたいという人には、茶カテキンなどの脂肪燃焼効果が認められた食品をうまく取り入れることもおすすめです。

≪茶カテキン最新トピックス≫
茶カテキンの継続摂取による褐色脂肪組織の活性化
「褐色脂肪組織」とは、内臓脂肪などの白色脂肪とは対照的に、体内の熱産生を高めて肥満の予防に働く一方、年齢とともに徐々に減少する傾向にあります。
花王と天使大学、北海道大学による共同研究で、褐色脂肪組織の活性が低下して太りやすい傾向にある成人が茶カテキンを冬季に5 週間摂取すると、褐色脂肪組織の活性が高まるとともに、脂肪の燃焼量も有意に増強することが確認されています。

●原因その(2):「冷え」
<原因>
人の身体は、体温維持にカロリーを消費するため、エネルギーを蓄えようとする働きがあります。さらに、身体が冷えていると、コンソメスープよりポタージュ、紅茶よりココア、というようにトロミのある、温かい食べ物を胃に入れて、身体を温めようとします。
さらに冬は味付けの濃いものや甘いもの、脂質や糖質の多いものを食べたくなりがちです。結果、身体が冷えている人は、高カロリーの食べ物を摂取することになり、“冷え太り”のリスクが高くなります。

<対策>
(1)入浴で全身を温める
“冷え太り”を防ぐには、身体を温めることが最も重要です。特に入浴は、毎日の習慣にすることをおすすめします。温熱効果の高い炭酸ガス入りの入浴剤などをうまく活用するもの良いでしょう。

(2)お腹を温める
効果的な温めポイントは、首、手首、足首の「3 首」のほか、おなかを温めると胃腸の働きが良くなるため、身体に必要な栄養素の吸収が良くなり、余分な栄養を摂らずに済みます。身体を圧迫しない衣服や裾のすぼまったズボン、温熱シートなどをうまく活用しましょう。

●原因その(3):「運動不足」
<原因>
冬は寒さで動くのが億劫になり、運動不足になりがちです。特に、年末年始は外出せずに家でゆっくり過ごすという人も多く、普段よりも運動量が少なくなります。
<対策>
(1)こまめに動くよう心がける
運動不足を感じている人は、まずは日々の生活の中でこまめに動くことを意識しましょう。階段よりもエスカレーターを使う人、出来るだけ動かずに用を済ませようとする人、デスクワークの人など、運動量が少ない人は特に要注意です。
掃除の際は、全身を使う窓掃除をする、通勤電車ではかかとを少し上げて立つなど、ちょっとした運動を心がけましょう。

(2)運動は食後1~2 時間後に
運動をする場合は、食後1 時間~2 時間後が効果的です。食後、血糖上昇が長く続くと、インシュリンが分泌され脂肪を増やしてしまうため、運動をして上昇した血糖を速やかに使うことが大切です。

●ウーマンウェルネス研究会supported by Kao とは
『ウーマンウェルネス研究会supported by Kao』は、現代女性のライフステージごとに異なる様々な心身の不調を解消し、女性が健康で豊かな生活を送り充実した人生を実現することを願って、医師や専門家、企業が集い2014年9月1日に発足いたしました。
女性のウェルネス実現のために、公式サイト「ウェルラボ」リンク)やイベントなどを通じて、女性が知っておきたい健康の基礎知識や不調への対応策など、心身の健康に役立つ情報を発信します。

●ウーマンウェルネス研究会の概要
・発足日: 2014 年9 月1 日
・医師・専門家 : 対馬 ルリ子 (産婦人科医、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座院長)
(50 音順) 小島 美和子 (管理栄養士、有限会社クオリティライフサービス 代表取締役)
(敬称略) 川嶋 朗 (統合医療医、東京有明医療大学 保健医療学部鍼灸学科 教授)
中村 格子 (整形外科医、スポーツドクター、Dr.KAKUKO スポーツクリニック院長)
福田 千晶 (産業医、内科医・リハビリ医、人間ドック専門医、健康科学アドバイザー)
渡邉 賀子 (漢方専門医、麻布ミューズクリニック名誉院長)
・協賛: 花王株式会社、株式会社カーブスジャパン、パナソニック株式会社 (あいうえお順)
・W e b サイト: 『ウェルラボ』: リンク (2014 年9 月11 日OPEN)

<参考資料>
■どんどん遅くなる現代人の夕食時間。遅い時間に食べると内臓脂肪がたまりやすい!
内臓脂肪蓄積に影響する食事習慣の実態調査*1によると、内臓脂肪になりやすい食事の特徴として「遅い時間の夕食」「朝食の欠食」は、内臓脂肪を溜めやすいことが分かりました。(図(1))
夕食時間の遅れがエネルギー代謝に及ぼす影響について、ヒューマンカロリーメータ*2を用いて評価を行った結果、一日で摂る食事が全く同じでも、夕食時間が遅い(22 時)生活では、早い時間(19 時)に夕食を摂る生活に比べてエネルギー消費が低下し、夕食後の糖代謝に悪影響を与えることがわかりました。(図(2))


監修:医学博士、健康科学アドバイザー 福田千晶先生


◇今回のコンテンツ詳細はこちらへリンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。