logo

ギリシャの大手保険会社Generali Hellas、不正取引管理にSAS(R)を採用


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、ギリシャの大手保険会社Generali Hellasが不正取引の管理にSASを採用したことを発表しました。不正取引は世界中の保険会社が直面している深刻な問題の一つであり、特に自動車保険の部門で頻発しています。不正取引の防止と対策は、企業の財務成績にも、市場全体における企業の評判にも直接的な影響を及ぼしかねません。Generali Hellasは、増え続ける不正取引の中でも特に重要な不正請求の検知、防止、管理に有効なソリューションを探し求めた結果、SASのソリューションの採用を決定しました。

127年間に渡りギリシャの保険業界をリードしているGenerali Hellasは、「SAS(R) Visual Analytics」のユーザーでもあり、企業競争力を高める一方で、さまざまな課題への対処法を模索していました。ギリシャでは長引く不況の影響から、自動車保険に関連する不正行為が増えていることもあり、自動車保険に関する不正行為の防止と効果的な管理への取り組みが必要でした。

「SAS(R) Fraud Framework for Insurance」ソリューションは、SASの最先端のアナリティクス・テクノロジーをベースに、不正の疑いのある取引を特定するための諸々の技術(自動化されたビジネス・ルール、予測モデリング、テキスト・マイニング、データベース検索機能、例外レポート作成、ネットワーク・リンク分析など)を搭載しています。

Generali HellasはSASソリューションの導入により、以下の具体的な効果を得ています。
・社内コストの大幅な削減による大規模な節約
・不正取引の検知数が以前に比べて増加
・社内業務の効率化

SAS Fraud Framework for Insuranceは、不正の疑いのある取引の特定に加え、抑止力を示すことで、企業の競争力強化にも貢献しています。組織的な詐欺グループは、効果的な不正行為の検知システムを導入している企業には触手を動かさなくなる傾向にあります。

Generali HellasのCIOであるディオニシス・モスホナス(Dionissis Moschonas)氏は、「保険詐欺の検知と管理は、当社の課題であり、解決すべき優先事項です。不正取引を特定して効果的に対処するためには、適切なパートナーを選ぶことが極めて重要です。SASは、複雑で難解な業務を成功裏に遂行できるノウハウと人材を、ローカルのレベルで有しているとともに、当社の業務を質的に担保する上で非常に貴重なツールを提供し続けてくれています」と述べています。

SASギリシャ/キプロス/ブルガリア担当カントリー・マネージャーのニコス・ペパス(Nikos Peppas)は、「世界的に有名な企業グループの1社であるGenerali Hellasが、重大な不正取引の管理にSASを選択してくれたことを大変光栄に思います。今回の採用は、両社のギリシャ市場における戦略的な協力の一部に過ぎません。SASの活用により、Generali Hellasは大幅なコスト削減と競争力強化を実現できると確信しています」と述べています。

保険金の便乗請求や組織的な請求詐欺の識別方法や低減の方法については、下記URL(英文)をご参照ください。
リンク


Generaliグループはヨーロッパ最大の保険グループであり、世界第2位のグローバル金融保険会社です。世界64カ国以上で事業を展開し、475社の子会社を擁しています。そのひとつであるGenerali Hellasはギリシャで127年以上の歴史を有し、ギリシャの保険市場を代表する企業です。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、革新的なソリューションを通じて、70,000以上の顧客サイトに、パフォーマンスを向上し、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約250名( リンク


*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

*2014年12月15日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事