logo

大型低臭気溶剤インクジェットプリンター「ColorPainter H3-104s」を発売

セイコーインスツル株式会社 2014年12月24日 13時10分
From 共同通信PRワイヤー

2014年12月24日

セイコーインスツル株式会社

大型低臭気溶剤インクジェットプリンター「ColorPainter H3-104s」を発売
好評の低臭気SXインクが最大幅104インチに対応

セイコーインスツル株式会社(略称:SII、社長:村上 斉、本社:千葉県千葉市)の100%出資子会社で大型プリンターを製造販売している株式会社セイコーアイ・インフォテック(略称:SIIT、社長:坂田 諭、本社:千葉県千葉市)は、低臭気溶剤インクを使用した大型インクジェットプリンターの新たなラインアップとして、本日12月24日に「ColorPainter(カラーペインター) H3-104s」を世界に先駆け、日本市場向けに販売を開始いたします。

「ColorPainter H3-104s」は、「ColorPainter M-64s」で高い評価をいただいております低臭気SXインクを、SIIT溶剤インクジェットプリンターで最大幅にして最速の「Hシリーズ」に搭載したモデルです。低臭気SXインクは、広色域、高発色、高濃度、高耐候性に加え、低ランニングコストを実現します。誰にでも、速く、簡単に、美しい印刷ができる、「Color On Time - Fast, Precise, Reliable(いつでも、欲しい画質を、好きなだけ)」のコンセプトを継承しています。
今回、低臭気SXインクが最大幅104インチ(2,462mm)に対応したことで、屋内外のディスプレイ業務により幅広くご活用いただけます。また、自動印刷調整機能、SP4(スマート・パス・テクノロジー4)、Twitter(*1)によるリモートコミュニケーション機能などを搭載し、お客様のワークフローおよび作業環境を最大限に配慮しております。


【主な特長】
1.低臭気SXインク
高速印刷をそのままに、実用画質でクラス最速を可能にした低臭気SXインクを搭載。従来からのSIITインクの特長である、高濃度でありながらシャドウ部のディテール表現に優れた電飾用高濃度印刷性能を継承しています。

2.8色インク
Y、M、C、K、Lc、Lm、およびGray、Light Grayインクによって、コンポジット印刷では不可避である色転びの心配のない真のモノクロ印刷と、カラー画像における滑らかなグラデーションを実現します。

3.自動印刷調整機能
どなたにでも高画質な印刷を可能にする自動印刷調整機能を搭載。メディアをセットし、自動調整をスタートすれば印刷準備が完了します。

4.スマート・パス・テクノロジー「SP4」
独自のアルゴリズムとマスクパターンによって、カスレやバンディングを低減する機能「SP」がさらに進化しました。最適なドットサイズにより、より安定した高画質な印刷を実現します。

5.スマート・ノズル・マッピング「SNM2」
ノズル代替機能「SNM」も進化しました。新しい代替アルゴリズムを採用し、より高画質な印刷を実現します。
万一のノズルトラブルでもダウンタイムを削減し、間断の無い印刷を可能にします。(*2)

6.ダイナミック・ドット・プリンティング・テクノロジー「DDP」
目標濃度に応じてドットサイズをコントロールし、深いシャドウ画質と、なめらかなハイライト画質を両立しています。
また、速度低下のない高濃度印刷も可能にします。(*3)

7.サブカートリッジ方式
プリンター本体にサブカートリッジを搭載。印刷を中断することなくインクカートリッジを交換できます。

8.リモートコミュニケーション機能
パソコンでプリンターの状況がひと目で分かる「CP_Manager」を使用し、Twitter(*1)経由でプリンターからのエラーメッセージ、警告メッセージ、プリント状況を受け取ることができます。また、Twitter(*1)を使ってプリンターにコマンドを送り、ヒーターやヘッドクリーニングの操作や、プリンターの状態をレポートさせることも可能です。

9. メッシュ印刷と両面印刷
メッシュ印刷と両面印刷機能をサポートし、ご利用用途を幅広く支援します。


*1 注記:Twitterは、Twitter, Inc.の商標です。
*2 注記:詰まったノズルの位置などによっては、十分な効果が得られない場合があります。
*3 注記:メディアの特性によります。


【本体標準価格】
ColorPainter H3-104s  898万円(税別)

【出荷開始日】
2014年12月24日

【販売目標台数】
年間500台(国内・海外)

以上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。