logo

韓国の科学者がM2-PK法を使った大腸がん検査の最新結果を発表

ScheBo Biotech AG 2014年12月16日 12時28分
From 共同通信PRワイヤー

韓国の科学者がM2-PK法を使った大腸がん検査の最新結果を発表

AsiaNet 58964 (1393)

【ソウル2014年12月16日PRN=共同通信JBN】韓国カトリック大学校医学部の科学者がM2-PK検査法による大腸がん検査のマルチセンター研究の最新データを有名な「Gut and Liver」ジャーナルで発表した。がん専門医のヨン・キム教授とその同僚による研究結果は、特に免疫学的便潜血検査(iFOBT)との比較で、腺腫、大腸がんの発見についてのM2-PK検査法の特別に高い能力を確認した。

    (Photo: リンク )

この研究でキム教授と同僚は139人の大腸がん患者、124人の腺腫患者のボランティアおよび60人の人口ベースの比較グループの合計323人を対象に、酵素バイオマーカーのM2-PKを調査した。M2-PK検査の感度は大腸がんで92.8%、腺腫で69.4%だった。さらに、M2-PK検査の結果を免疫学的便潜血検査(iFOBT)の結果と比較した。こちらは明らかにM2-PK検査より劣っていた。iFOBTは大腸がんの47.5%、腺腫の12.1%を発見しただけだった。結果としてM2-PK検査はiFOBTの2倍の大腸がん、6倍近くの腺腫を発見した。韓国の大学によるこうした科学的研究結果は大腸がんの検査、早期発見に対するM2-PK便検査法の能力を無条件で確認するものである。

M2-PK便検査はScheBo(R) M2-PK Quick(TM)の名称で定性的な敏速検査法として、また定量的なELISAスツール検査法として利用可能である。

ソース:Kim YC, et al., Gut and Liver, online December 5th, 2014;
リンク , リンク

▽問い合わせ先
ScheBo(R) Biotech AG
/ Tel: +49-(0)641-4996-0 /
Fax: +49-(0)641-4996-78
リンク

写真は欧州報道写真通信社(epa)(リンク )を通じて入手可能であり、リンク から無料でダウンロードできる。

ソース: ScheBo Biotech AG

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事