logo

SAS、業界をリードする統合データ管理ソリューション 「SAS(R) Data Management」ファミリー製品を国内発売


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下 SAS)は、データ統合から、データ品質までを総合的にカバーする「SAS(R) Data Management」ファミリー製品を国内で発売しました。SAS Data Managementは、AdvancedとStandardの2種類のエディションが提供され、Advancedではデータガバナンス機能が強化されています。

SAS Data Managementは、データの質と使い勝手を改善し、顧客のデータ管理への要望に幅広く応えるデータ管理ソフトウェアです。企業や組織におけるビッグデータの活用を促進し、日常的な意思決定の迅速化、新たな成長機会の特定、プロセス改善の推進、競争力の強化、顧客満足向上のための新しい方法の実装を支援します。

データ管理は、事実をベースに意思決定を行う企業文化やアナリティクスのスキルと同様に、アナリティクスを組織内に定着させ、データを多角的・多面的に活用して分析を行い、ビジネス目標を実現する上での重要な鍵となります。多種多様なビッグデータの広がりの中で、低品質のデータを排除し、データを活用して事業に変革をもたらすために、ますます包括的なデータ管理ソリューションが求められています。

SAS Data Managementは、管理拠点を通じて一元的にデータの作業を行うことで、既存のリソースをより有効に活用し、生産性を高めることができます。必要なデータを容易かつ速やかに利用できる環境が全社規模で実現します。加えて、直感的でユーザー・フレンドリーなインターフェースの採用により、業務ユーザーにより多くのデータ管理作業を任せることで、作業負荷を分散できます。また、SAS Data Managementは、処理状況やソースデータの系統をモニタリングする監査ツールを用いて、適切な意思決定を行う上でデータが準備万端の状態であることに確信を持つことができます。

SASでは、顧客の業務データを分析し、データ品質改善活動の計画を策定するための「SAS Data Quality アセスメントサービス」を提供しています。本サービスによって、SAS Data Managementを導入前に、プロファイリングを行う定量的分析とマッチングを行う類似性解析プロセスにより、データ品質の問題を特定して、データ品質改善のための現状分析、課題定義を実施します。

SAS Data Managementの主な特長
・単一の開発環境: ドラッグ&ドロップ機能、ソースシステムへのアクセス、カスタマイズ可能なメタデータ・ツリー機能を兼ね備えた直感的なロールベースのインターフェースによりデータ管理プロセスを総合的にカバー。
・統合プロセス・デザイナー: 直感的なエンド・ツー・エンドのデザイナーツールによるデータ管理プロセスを実現。
・優れた接続性とデータアクセス: 数多くのデータソースとプラットフォームへのリアルタイム接続とバッチ処理を実現。
・ETL(データの抽出、変換・加工、ロード)とELT(データの抽出、ロード、変換・加工)をサポート: ELT機能を提供する先進のSQL変換ツールにより、高い柔軟性を提供。
・移行と同期: データベース構造、エンタープライズ・アプリケーション、メインフレームのレガシー・ファイル、テキスト、XML、メッセージ・キュー、その他のリソース間のデータの移行と同期が可能。
・メッセージ・キュー: メッセージベースの接続による非同期のビジネス・プロセスを統合。
・管理・モニタリング機能の強化: ジョブ・ステータス・レポート、パフォーマンス・レポート、トレンド情報によるメトリクスをトラッキング。
・データガバナンスの強化: データ管理の情報であるメタデータを、企業全体で管理可能。ビジネス・メタデータ(ビジネス用語、ルール、ワークフローなど)とシステム・メタデータ(データ定義、データ作成ジョブ、セキュリティなど)を統合し、関係性を管理。

SAS Data Managementに関する詳細は、下記URLをご参照ください。
リンク


<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、革新的なソリューションを通じて、70,000以上の顧客サイトに、パフォーマンスを向上し、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約250名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。