logo

「ワタシの、センタク。」調査 全国10,000人の来年のチャレンジ意欲はいかに?

東和薬品株式会社 2014年12月09日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年12月9日

東和薬品株式会社


「ワタシの、センタク。」調査
全国10,000人の来年のチャレンジ意欲はいかに?
2015年、未年生まれは他の干支より意欲的!
~男性は「ダイエット・体づくり」、女性は「貯蓄」が1位~


 東和薬品株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:吉田逸郎)は、今春から展開している「ワタシの、センタク。」プロジェクト活動の一環として、全国10,000人に2015年に向けたチャレンジ意欲やこれまでの人生のセンタク(転機)、さらに、2015年の干支である「未年」生まれの300人を対象に「ワタシの、センタク。」調査を実施いたしました。ここに調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。

調査結果の主なトピックスは以下の通りです。

【未年調査】
・未年生まれは2015年の自分の干支に意欲を燃やす!「2015年に新しいことに挑戦したい」意欲は73%と、他の干支と比べてもっとも高く、一番低い亥年と比べると8.8ポイント高い。
・安心・安定志向の未年が、「2015年挑戦したいこと」はお金関連と体づくり!男性は「ダイエット・体づくり」、女性は「貯蓄」が1位。50代の未年の男性の1位は「語学の勉強」、50代の女性の1位は「健康のためのケア」。未年男性は自分磨きに力を入れる?
・未年生まれの2014年の自己評価は100点満点中58点。50代女性が68点で最も高く、30代男性が49点と最も低い点数に。

【10,000人調査】
・2015年に向けたチャレンジ意欲を聞いたところ、67.9%の方が「2015年は新しいことに挑戦したい」と回答。20代の女性が80.3%と最も高い結果であった。
・50代は人生と体の曲がり角?
「自分の人生は自分で選んできた」と考える50代以上は70%以上。また、50代に入ると体重・体脂肪・血圧などのチェックや定期健診の受診などが40代以下に比べると10ポイント前後高くなり、健康や体に関する関心が高まっている。また、50代以上の女性が「人生をやり直したい時期」を「結婚してから」と回答した方が多いのも特徴的である。
・50歳を越えると医療費問題に関心がわき、当事者意識を持つ。一方で関心が薄い人は、「健康で、病院に行く必要がない」「高齢社会なので仕方ない」「自分とは関係がない」などをあげている。

【調査概要】
・調査方法・地域・時期:インターネット調査・全国・2014年11月中旬
・調査対象とサンプル数:
20代~60代の男女各5,000人合計10,000人、未年生まれの20~50代の男女各150人合計300人


■「ワタシの、センタク。」プロジェクト 今後の活動予定
 当社は今春から、「ワタシの、センタク。」プロジェクトと銘打ち、生活、健康、キャリアなど、さまざまな人生の“センタク”を迫られる50代を中心に、参考となる情報コンテンツの提供やイベントの開催などの活動を通じて、人々の“センタク”を応援するキャンペーンを展開しています。
◎ TV-CM「くすりの、センタク。」篇(30秒)
◎「ワタシの、センタク。」ウェブサイト( リンク
◎「ワタシの、センタク。」小冊子
◎ 国内開催のイベント等で小冊子、ジェネリック医薬品希望シールなどの配布活動
◎ 南こうせつさんがラジオパーソナリティを務めるコーナー展開(ニッポン放送ほか)
◎ 雑誌での定期的なタイアップ記事掲載
など、今後も継続的な情報発信を行ってまいります。

リリースの詳細は添付をご覧ください。


<東和薬品に関するお問い合わせ先>
東和薬品株式会社 広報室
〒571-8580 大阪府門真市新橋町2番11号
TEL: 06-6900-9102 FAX: 06-6908-6060




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事