logo

アジアのヘルスケアIT市場が2020年に2倍に成長

-医療ツーリズム拡大や政府の取り組み推進で導入加速-

フロスト&サリバンは、アジア太平洋地域(以下APAC)のヘルスケアIT市場が2020年までに2倍に成長するという分析をまとめた。フロスト&サリバンの新たな調査報告「アジア太平洋地域におけるヘルスケアIT市場分析」によると、APACのヘルスケアIT市場は2013年から2020年にかけて年平均成長率(CAGR)13.3%で成長し、同市場規模は2013年の52億7000万米ドルから2020年には126億米ドルに到達する予測となっている。今回の調査分析におけるヘルスケアIT市場は、医療機関で用いられる管理・財務情報システムと臨床情報システム(Clinical Information System:CIS)の2種類のセグメントにおけるソフトウェアおよびサービスを対象としている(ハードウェアは除外)。

APACでは、政府機関によるイニシアチブやインセンティブによって、ヘルスケアITの導入が加速している。テクノロジーの活用による医療費の削減や医療ケアの質の改善などの利点から、政府は医療のデジタル化を優先事項として進めている。また、地域連携医療を通じた患者情報の統合も今後進むことが期待される。これらの利点を踏まえて、政府は民間セクターからのヘルスケアITに向けた投資を奨励するために、官民パートナーシップを結んでいる。

さらに、APACにおける医療ツーリズムの拡大が、医療機関でのより高度なテクノロジーの導入や、国際レベルの医療施設の設置を促進している。「安定したITツールは医療機関が国際水準に見合う医療の提供を可能にするだけでなく、国外の患者にも医療の提供が可能になることで、医療の国際化も実現できる。高度な技術を有することは、医療機関が国際的に認定された機関であることを示す保証にもなる」と、フロスト&サリバンのアジア太平洋地域ヘルスケア部門インダストリーアナリスト、ナターシャ・グラティは話す。

しかしその一方で、APACにおける一部の精度が低いヘルスケアITシステムによって、医療機関は投資に対して慎重となっている。不十分な機能や既存のシステムとの不適合、低いROI(対投資効果)などが、ヘルスケアITシステムの導入拡大における課題となっている。様々なレベルでの取り組みが必要とされており、企業や政府、非営利団体によって、特に相互運用性の改善に向けた取り組みが実施されている。さらに、医療機関やITベンダーは、ヘルスケアITの活用による患者の転帰に関する臨床上の利点や質的改善を定量化できておらず、ヘルスケアIT導入の価値が全てのステークホルダーに十分に認知されていない。

「この様な技術面における課題が存在する一方で、モバイル機器などのコネクティングデバイスの普及が進むにつれて、APACのヘルスケアセクターにおいてデジタル消費者は着実に存在感を示している」と、グラティは述べる。

医療機関は、データや情報を電子的に収集、保管、送信できるデジタル化病院のコンセプトを模索している。一部の企業では、医療・健康上のリスク管理や病気の予防を手助けする予測ソリューションの提供を目的に、ビッグデータやビッグデータアナリティクス戦略の展開に着手しており、じきに利益を生み出すことが期待されている。

「APACのヘルスケアセクターにおけるITの役割は過去数年間で進化を遂げ、ITによる自動化から、地域内での医療ケア提供におけるバリューチェーン全体を統合するものとなった。この様な進化は、顧客経験の強化のために、医療機関や政府間でのより優れた連携が必要とされている状況にかなっている。データは顧客オーナーシップや顧客エンゲージメントを促進する最大の要素であり、有益なデータを生み出すためのデジタル化戦略は、今後5年間でヘルスケア業界の中核となるだろう」と、グラティは話す。

▽フロスト&サリバン ヘルスケアIT市場関連リサーチ一覧:
リンク

********************************
フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
日本語オフィシャルウェブサイトを開設しました URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事