logo

第5回石炭投資促進セミナーを開催

JOGMEC 2014年12月02日 17時00分
From Digital PR Platform


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、11月27日、豪州の鉄道、港湾状況等に関する最新情報を提供する「第5回石炭投資促進セミナー」を開催しました。

 JOGMECはこれまで産炭国主要政府機関の要人や石炭開発企業の役員等を招き、主要産炭国の石炭政策の動向や石炭開発状況について講演等を通じ情報提供を行う「石炭投資促進セミナー」を開催してきました。
 今回は2013年9月に豪州クィーンズランド州と締結した包括的・戦略的パートナーシップに係る覚書の一環として、同州政府と共催で豪州での石炭資源開発に重要な鉄道・港湾会社Aurizon社のManaging Director & CEO、Mr. Lance HockridgeとExecutive Vice President、Mr. Michael Carterを招き、「Aurizon – Sustainable Coal for Asia」という標題でセミナーを開催しました。
 本セミナーにおいては、Aurizon社のこれまでの実績とコスト削減に対する取り組み、今後の投資戦略等について講演があり、活発な質疑応答や情報交換がなされました。

 本セミナーには経済産業省資源エネルギー庁、豪州クィーンズランド州政府のほか、資源エネルギー関連会社、鉄鋼会社、電力会社、商社、報道関係者等、総勢 46 名の石炭事業関係者が参加する盛大なセミナーとなりました。また、質疑のトピックスとしては豪州Aquila Resources 社買収の意図、石炭価格低迷を受けたテイクオアペイ契約への対応、輸送枠のセカンダリー市場について等がありました。

 また、講演後のネットワーキングレセプションでは石炭関係者間での活発な意見交換が行われました。
 JOGMECは今後もセミナー・調査等の実施により、民間企業等に有益な情報等を提供したいと考えています。 また、石炭資源開発に係る最新情報についてはJOGMEC石炭開発部HPをご覧いただくか、メールマガジン「JOGMEC石炭通信」にご登録ください。
 今後とも、皆様からのご要望、ご意見等を踏まえ、情報提供の強化を含めた開発支援ツールをより一層充実していきたいと考えています。
          
             
→全文を読む
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。