logo

「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」コンテストの世界各国29準決勝出場者を発表 ドリトス

ペプシコ 2014年12月02日 09時35分
From 共同通信PRワイヤー

「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」コンテストの世界各国29準決勝出場者を発表 ドリトス

AsiaNet 58750

「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」コンテストの世界各国29準決勝出場者を発表 ドリトス

100万米ドルの大賞賞金とユニバーサル・ピクチャーズでの理想の仕事を競って、消費者が制作した広告が、オーストラリア、カナダ、エジプト、ドイツ、スウェーデン、イギリス、及びアメリカからエントリーされており、その全ての広告はDoritos.comにて閲覧できる。

ニューヨーク州パーチェス、2014年12月02日/PRニュースワイヤー/--今年の「クラッシュ・ザ・スーパーボウル(Crash the Super Bowl)」コンテストの激しい競争の中、ドリトスは本日、100万米ドルの大賞賞金とユニバーサル・ピクチャーズでの理想の仕事をめぐって競っている、上位29人の準決勝進出者を発表した。消費者が製作したテレビ広告は、7カ国から選ばれた才能にスポットライトを当てている。これらの優勝候補者は、世界29カ国から投稿された4900近くの広告作品から選出された。

9月中旬以来、世界のファンが30秒間の自作広告をDoritos.comに投稿することで、ドリトスが好きだという気持ちを共有している。最終的に、消費者が制作したテレビ広告のうち2作品が、アメリカのナショナル・フットボール・リーグで年に1度催される決勝戦、第49回スーパーボウルの中継の間、1億人以上の世界中の聴衆の前で放送される予定である。最も多くのファン票を獲得した広告の制作者は、100万米ドルの大賞賞金が保証されており、あわせてコンテスト史上他とは異なる機会を獲得することになる。その機会とは、ハリウッドのユニバーサル・ピクチャーズで1年間働ける機会で、そこでは「ピッチ・パーフェクト 2(Pitch Perfect 2)」やその他人気コメディなど様々なプロジェクトで才能を活かすことが出来る。準決勝進出者の作品および公式コンテスト規則については、www.doritos.com を参照。

「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」の準決勝進出者の作品(準決勝進出者の姓のアルファベット順)は以下の通り:
  ・"Doritos Angler" by James Bedford, UK
  ・"Baby's First Word" by Travis Braun, USA
  ・"Meditasting" by Luke Seer Brown, Australia
  ・"Doritos Hand" by Todd Dack, USA
  ・"Tea Time!" by Josh Day, USA
  ・"Mom?" by Markus Erhart, Germany
  ・"Selfish Sneezers" by Devon Ferguson, Canada
  ・"Gone Ape" by Hugh Fleming, Australia
  ・"History Bites" Adam J. Hardy, USA
  ・"Girl Voice" by Keith Hopkin, USA
  ・"The Lemonade Stand" by David Horowitz, USA
  ・"I Did That" Zeke Hunter, USA
  ・"Blind Date" by Haidy Bahgat Zakher Ibrahim, Egypt
  ・"Trouble in the Back Seat" by Jason Johnson, USA
  ・"Mis-Spelling Bee" by Brian Kleinschmidt, USA
  ・"Cheesy Teasy" by Perry Lang, USA
  ・"Doritos Tiny Mouths" by Chuck McCarthy, USA
  ・"Dog Dreams" by Brandon Morris, USA
  ・"The Pink Slip" by David Olson, USA
  ・"What Could Go Wrong?" by Alex Pepper, USA
  ・"The Portal" by Jorgen Persson, Sweden
  ・"Doritos Manchild" by Armand de Saint-Salvy, Australia
  ・"Buried Treasure" by Jessica Sattelberger, USA
  ・"Wish Upon a Dorito" by Matthew Shoychet, Canada
  ・"Summer of '64" by Dan Stowell, USA
  ・"When Pigs Fly" by Graham Talbot, Canada
  ・"Thief Catcher" by Johan A. du Toit, Canada
  ・"Nice Bag" by Carl Vasile, USA
  ・"Middle Seat" by Scott Zabielski, USA

準決勝進出者の中から、審査員は、昨年のコンテストの倍となる上位10のスポット放送を選び、それらの広告が最終候補となる。審査員の資格を持つのはドリスの幹部、広告専門家、そして女優兼プロジューサーのエリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)などである。エリザベス・バンクスは、「ピッチ・パーフェクト 2」で監督としてのデビューを飾り、「40歳の童貞男」、「シービスケット」、「ピッチ・パーフェクト」などの評判の高い映画や、「LEGOムービー」、「ハンガー・ゲーム」、「スパイダーマン」の様な世界的なシリーズで主役を務めている。

10の最終候補作品は2015年1月初旬に発表される予定で、世界中のファンはwww.doritos.com でお気に入りの作品に投票できる。www.doritos.com でのファン投票で選ばれる大賞受賞者と、ドリスブランドによって選ばれ5万米ドルの賞金を受け取ることになる優勝者が制作した2つのテレビコマーシャルが第49回スーパーボウル中継中に放送される。

「クラッシュ・ザ・スーパーボウル」決勝進出者10人のそれぞれが2015年2月1日に開催される第49回スーパーボウルへの招待状を獲得し、プライベートスイートからゲームを観戦でき、そこではチャンネルを合わせて2つの広告が世界に向けて放送される模様を見ることができる。他8人の決勝進出者は、スーパーボウル中継中にコマーシャルは放送されないが、各自2万5千米ドルを獲得する。

ドリトスについて
ドリトスは、ペプシコ(ニューヨーク証券取引所:PEP)の世界的なスナック・ポートフォリオの一つ。ドリトスブランドについての詳細は、www.doritos.com を参照。

ペプシコについて
世界200を超える国と地域の消費者が1日に10億回、ペプシコ製品を楽しんでいる。ペプシコは、フリトレー、ゲータレード、ペプシコーラ、クエーカー、トロピカーナなどの補助食品・飲料ポートフォーリオに牽引されて、2013年には660億米ドル以上の純収入を挙げている。ペプシコーラのプロダクト・ポートフォリオには、推定年間小売額が10億米ドルを超える22のブランドを始めとして、楽しむことのできる幅広い食品・飲料が含まれる。

ペプシコの神髄は「目的のあるパフォーマンス」であり、株主の価値を持続的に高めながら一流の業績を上げることを目標としている。「目的のあるパフォーマンス」は、実際には、おやつから健康食品まで幅広い食品・飲料を提供すること、環境への影響を最小限に抑える革新的方法を見つけて運営コストを削減すること、世界中の従業員にとって安全で快適な職場を提供すること、そしてペプシコが活動する地域社会を尊重、支援しそこに投資することを意味する。詳細情報については、www.pepsico.com を参照。

ペプシコをフォローしよう:
  ・Twitter (@PepsiCo) (リンク
  ・Facebook (リンク
  ・PepsiCo ブログ (リンク
  ・PepsiCo プレスリリース (リンク
  ・PepsiCo マルチメディア (リンク
  ・PepsiCo ビデオ(リンク

ユニバーサル・ピクチャーズについて
ユニバーサル・スタジオ、ユニバーサル・ピクチャーズは、ユニバーサル・スタジオ(www.universalstudios.com )の一部門。ユニバーサル・スタジオは、NBCユニバーサルの一部。NBCユニバーサルは、世界中の聴衆に向けて、エンターテインメント・ニュース・情報の開発、制作およびマーケティングを行う世界大手のメディア・エンターテイメント会社の一つ。NBCユニバーサルは、ニュース・エンターテイメント・ネットワーク、一流映画会社、顕著なテレビ制作活動、大手テレビ局グループ、世界的に有名なテーマパークを所有・運営している。NBCユニバーサルは、コムキャストコーポレーションの子会社。 

放送/印刷物/テレビメディア:高画質の映像、スチール写真、その他プレス情報は、www.magicbulletmedia.com/MNR/crashthesuperbowl にて視聴、ダウンロード、シェアが可能。

問い合わせ先: Lee Rothchild, PepsiCo Global Snacks Group, 00-(1)-914-253-2839, lee.rothchild@pepsico.com

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事