logo

ブランド・端末名を伏せた調査で『iPad Air』と『Windowsタブレット』がそれぞれ魅力度評価No.1を獲得

タブレット端末の魅力度評価・ブラインドテスト実施

株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:角川 歴彦、以下角川アスキー総研)は、「タブレット端末の魅力度に関する調査」を実施し、実際に各種タブレット端末を試用したうえで、端末別の魅力度をアンケートにより測定しましたので、お知らせいたします。





本調査は、新宿、渋谷の歩行者に依頼し、付近の会場で製品を試用のうえアンケートに回答する「会場テスト」と呼ぼれる調査方法を採りました。テストでは、iOS搭載端末、Android搭載端末、Windows搭載端末を各1機種割り当て、各端末を操作したうえで、それぞれの評価を5段階で回答してもらいました。


調査結果のポイント

1. 実機試用のみでの魅力度評価では『iPad Air』が魅力度首位。次いで『iPad mini 2』が2位と、iOS端末2機種が上位を占める

2. 拡張性(接続インターフェイス)情報を加味した評価では、Windowsタブレット『TransBook T100TA』が魅力度首位を獲得
  → 脱着式のキーボードの存在、接続可能デバイスの豊富さが魅力のポイント


調査概要

(1)調査期間:2014年11月6日(木)~11月9日(日)の4日間
(2)調査方法:会場テスト
(3)テスト会場:東京都渋谷区道玄坂および東京都新宿区西新宿
(4)調査対象:20~59歳のタブレット、またはスマートフォン、パソコンの利用者
(5)サンプル数:300サンプル(男性:70%、女性30%、20代:25%、30代:32%、40代:30%、50代:13%)
(6)テスト端末:  【iOS】iPad mini 2、iPad Air
  【Android】MeMO Pad ME176、Nexus 7、Yoga Tab 2-10、Xperia Z2 Tablet
  【Windows】Miix 2 8、Dynabook Tab(S38)、Switch10、TransBook T100TA

詳細は、リリースのPDFをご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事