logo

【FRONTIER】¥74,800~ ASUS製 Z97-Kマザーボード採用ミドルタワー「GAシリーズ」新発売

インバースネット株式会社 2014年11月21日 14時40分
From PR TIMES

~M.2 SSD 搭載可能~

インバースネット株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25、代表取締役:関戸 光雄)(以下、当社)は、2014年11月20日(木)より、ASUS製Z97-Kのマザーボードを採用した高性能ミドルタワー「GA」シリーズの販売を開始いたします。



■製品の概要

このたび発表する新製品は、高い性能と耐久性で定評のあるASUS製Z97-Kマザーボードを採用した高性能ミドルタワーです。次世代規格である10Gb/s M.2ソケットを装備し、メインドライブにM.2 SSDをお選びいただけます。
基本モデルとして、第4世代 インテル(R) Core(TM) i5-4460 プロセッサー(3.20GHz/6MB)、4GBメモリ、500GB HDD(S-ATA3)、600W ATX電源(日本製コンデンサ)をご用意し、ご予算や用途に応じて、最大4.40GHzの高性能インテル(R) Core(TM) i7-4790K プロセッサー(4.00GHz/8MB)[Devil’s Canyon]やASUS製のNVIDIA GeForce GTX900番台シリーズ、高速サムスン製 840 EVOシリーズ SSDやPIONEER製のBlu-ray Diskドライブ、安定&安心の日本製コンデンサ 80PLUS SILVER取得の850W ATX電源など、各種カスタマイズにも対応しています。
OSには根強い人気のある「Windows7」と最新OSの「Windows8.1」の両方をご用意していますので、お好みでお選びください。


■製品の特長

<ASUS製 Z97-Kマザーボード採用>
高い性能と耐久性(7000時間を超える製品テスト)で定評のあるASUS製Z97-Kを採用しています。また、日本製オーディオコンデンサを採用したオーディオ回路や、徹底したノイズ対策で高レベルな音質を実現します。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
パソコンの安定した動作には、要となる電気を供給する部品の電源(PSU:Power Suply Unit)が重要です。
恒常的に温度が上がりやすく、高温環境下では安定した電気を供給するのが難しくなりますが、日本製の「105℃コンデンサ」はより安定した電気を供給できるようにも設計されているため、品質や信頼性、耐久性が高く、安心して長くご愛用いただけます。

<大幅スピードアップした新規格M.2 SSD搭載可能>
次世代規格である10Gb/s M.2ソケットを1つ装備し、メインドライブにM.2 SSDをお選びいただけます。
S-ATA3接続のSSDに比べて、OSやアプリケーションの起動スピードが30%以上の高速化を実現します。

<世界最先端グラフィックカード GeForce GTX980/970搭載可能>
高い信頼性と安定性で定評のあるASUS製グラフィックカード「GeForce GTX980」「GeForce GTX970」をお選びいただけます。
次世代NVIDIA Maxwell アーキテクチャにより、1.4倍のCUDAコア性能と、2倍の電力性能比を実現し、卓越したパフォーマンスと電力効率を発揮します。
さらに、 前世代の同クラスGPUに比べて約2倍の性能を持ち合わせることで、カクツキなくスムーズなグラフィックを実現し、バーチャル・リアリティ、HD、超解像4Kディスプレイ上にて進化した最上級のビジュアルを楽しめるのはもちろん、目に負担をかけない低遅延のゲーム用 G-SYNC モニター表示技術にも対応(4Kも含む)しています。


尚、こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストア(リンク)にて、2014年11月20日(木)より販売を開始しています。

▼GAシリーズはこちらから
リンク


●インバースネット株式会社 概要
■本社所在地 : 神奈川県横浜市神奈川区新浦島町1-1-25 テクノウェイブ100ビル 8階
■設立 : 昭和26年12月14日
■資本金 : 1億2245万円
■代表者 : 関戸 光雄(代表取締役)
■事業内容: 自社製パーソナルコンピュータの開発・製造および販売、リユースパソコンの販売
■取扱商品: 自社製パーソナル・コンピュータ(FRONTIERシリーズ)、パーソナル・コンピュータ用周辺機器、リユースパソコン(ノート、デスク、一体型、液晶セット、パーツ、その他)、各種情報機器

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事