logo

センスと知識を交換するFeel Library 【Epokal(エポカル)】サイトオープン!

株式会社ウィットプラーツ 2014年11月19日 12時00分
From PR TIMES

「人と違う」ための知識を交換しセンスが身につくライブラリーがスタート

株式会社ウィットプラーツ(東京都目黒区 代表取締役:原田康平)は、Web Libraryというウェブサービスであるメディアコマース「Epokal(エポカル)」を2014年11月19日にリリースしました。



昨今、キュレーションメディアやバイラルメディアと国内外で人気を集めている中、ファッションならではのセンスとそこから派生する知識をもとに日常の様々なモノ・コトについて書かれる「感じる図書館」を作りました。
「人と違う」ためには独自の知識と意志が必要であり、そこからセンスが生まれます。本質を追求し、「識(し)る」ことを目的とした記事には少し濃厚な知識とセンスが詰まっています。ライブラリーに収められた記事からセンスと知識を吸収し、そこで得た「気づき」から新たな記事が生まれる。そのような知的好奇心を刺激し合う循環を生み、新しいライフスタイルを確立したいと考えています。
そして、そこで得たセンスや知識、気づきと妄想をもとにモノづくり「メディアコマース」として様々なアイテムを創造し、ストーリーあるモノ作りを展開しながらクラウドファンディング等で商品をご提供できるように新たなメディアとして構築していきたいと思います。


▼サイト名
Epokal (エポカル) 
リンク

Facebook
リンク

Twitter
リンク

Pinterest
リンク

▼カテゴリー
「RED感情|BLUE冷静|YELLOW快楽|MONOTONE事実」と共感覚とファッションをベースに「ビジネス|ライフ|時事|シーン」で目的のない人でも気づきや興味を持ってもらえるような図書館を意識


表面的で画一的な情報だけで何かを知ったつもりにならずに、メディアがしっかりとした意思を持つことで、Epokalは現在のキュレーションメディアやバイラルメディア等で得られない一次情報を提供していきます。

例えば・・・・


【マルジェラと無印良品に学ぶ組織論とは?】

・指示がいらない永久的組織論
・愛とコアが支え心に存在するカタチ
・普通という究極の哲学

▼詳しくは
リンク


【ソ連軍の宇宙服開発に見る機能美とデザイン構想】

・月面上陸という未知の素材を手にhoneyMOOM開発
・超高度戦闘機ミグ用に開発されたプレッシャースーツ
・ミニマムで最大の効力の機能とデザインとは?

▼詳しくは
リンク


【植物の単独世界!記憶保持とテレパシー】

・驚異的な5つの実験
・基礎的知覚を持った植物
・殺人者を当てる植物

▼詳しくは
リンク


本質を追求し「識(し)る」ためにファッションを通じて磨かれたセンスをベースにした独自の視点で日常の様々なモノ・コトを取り上げ、記事を通じ語ることで刺激を共有したいと考えています。
ファッション≠服ではなく、より広く捉えることによって書かれる記事を通じて、忘れかけていた日常からの刺激を知覚することで新たな発見があるかもしれません。今こそ本質を追求し、その価値観によって行為することで時代に合ったスタイルを生み出しませんか?

【プレスリリースダウンロード】→リンク
【詳細資料ダウンロード】→リンク


【会社概要】
【社名】 株式会社ウィットプラーツ
【所在地】 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘3-7-10
【代表者】 原田康平 (ハラダコウヘイ)
【事業内容】 プロジェクトデザイン|マーケティング|カフェ運営(nucafe)|有機野菜の宅配運営(tasty+)
【資本金】¥8,880,000
【URL】 リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事