logo

Rubyコラム「Dig Ruby!」の第二回「Benchmark」が公開

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社はRubyコラム「Dig Ruby!」の第二回「Benchmark」を公開しました。

###
先日開催されましたRubyKaigi2014で"The Ruby Challenge"というプレゼンテーションがありました。

The Ruby Challenge: リンク


「画面に並んだ二つのコードのうち、より速い方を当ててTシャツを貰おう!」といった内容で、会場は大いに盛り上がり非常に印象深いプレゼンテーションのひとつでした。

さて、実際の開発においても「どちらの書き方の方が速いのだろう...」といった局面にあたることは多々あります。
「どちらが速いか」確実に確認する方法、それは言うまでも無く測ることです。

ということでRubyコラムDig Ruby! 第2回目は、Rubyで書かれたコードの実行速度を計測する方法の基本中の基本、"Benchmark"ライブラリをご紹介します。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。