logo

アクロディアのバックエンドソリューション、本格展開へ

~電子お薬手帳『ホッペクラブ』と幼児・子供向け知育アプリ『デジタルコペル』に提供開始~

株式会社アクロディア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堤 純也、以下アクロディア)は、昨今のスマートフォンアプリ市場の急速な成長に伴い、アプリ開発のスピードが求められている中、そのニーズに応えるバックエンド関連市場の拡大を見込み、「バックエンドソリューション」の提供を開始しております。

アクロディアの「バックエンドソリューション」においては、2014年9月に開始しました電子お薬手帳『ホッペクラブ』と11月に開始しました『デジタルコペル』のアプリ向けに、アクロディアのソリューションが採用され、提供いたしました。アクロディアのバックエンドソリューションをご利用いただくことで、通常の開発と比較し、低コスト・短期間の開発を実現し、アプリ開発会社は高品質なサービスづくりへの注力が可能となります。

また、アクロディアは、2014年1月に米国Backendless Corporation (リンク) と業務提携し、mBaaS「Backendless」を国内及び韓国にてマーケティング活動を開始し、サービス展開を強化しております。

今後もアクロディアは、mBaaS「Backendless」を中心としたアプリケーションのバックエンドソリューションの開発に力を入れ、これらの実績をもとに販売活動をさらに積極化いたします。

【mBaaSとは】
mBaaS(mobile Backend as a Service) とは、スマートフォンアプリの開発に必要な汎用的なサーバー機能をあらかじめ用意し、スマートフォンアプリの効率な開発を実現するクラウドサービスです。アプリ開発に必要なバックエンド機能を提供することにより、開発コストと時間を削減し、アプリ開発者はフロントエンドの開発に専念することができます。

(ご参考)導入実績
【電子お薬手帳『ホッペクラブ』】
・アプリ名:電子お薬手帳ホッペクラブ
・サービス開始日:2014年9月22日
・配信プラットフォーム:Google play、App Store
・紹介サイト:リンク
・配信会社:株式会社リーベンス

【幼児・子供向け知育アプリ『デジタルコペル』】
・アプリ名:デジタルコペル (英語名:Digital Copel)
・サービス開始日:2014年11月10日
・配信プラットフォーム:Google play(※App Store、Amazonアプリストアは近日中に配信予定)
・紹介サイト:リンク
・開発会社:株式会社ファンクス
・配信会社:株式会社アクロディア

※記載されている社名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。