logo

メディアキャスト、中京テレビと札幌テレビにイベントメッセージ送出装置を相次いで納入

放送局から視聴者の受信機を制御し、データ放送技術を駆使した双方向番組の効果的な演出が可能

中京テレビと札幌テレビは、放送局から視聴者の受信機を制御可能にするメディアキャストのイベントメッセージ送出装置を導入し、データ放送技術を駆使し効果的に演出する双方向番組を開始しました。

株式会社メディアキャスト(本社:東京都渋谷区、代表取締役 杉本 孝浩)は、中京テレビ放送株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長 山本 孝義、以下 中京テレビ)と、札幌テレビ放送株式会社(北海道札幌市、代表取締役社長 小林 裕孝、以下 札幌テレビ)へ、イベントメッセージ(※)送出装置「SparkMUX(スパークマックス)」をそれぞれに納入し、本格稼働開始したことを発表します。いずれも、地域情報生番組における双方向企画の演出に利用されます。

イベントメッセージ送信は、放送局から受信機のデータ放送領域に対してトリガー信号を送信し、強制表示などの制御が可能で、放送局側から放送波を使って視聴者の受信機を瞬時に制御できる唯一の機能であり、防災情報の配信にも期待される技術です。
近年、放送映像画面に、データ放送画面やアイコン、ボタンなどを重ね合わせて表示するオーバーレイ表示が盛んに活用され始めていますが、クイズ解答やアンケート応募を受付開始するタイミングでのボタン表示などに、イベントメッセージ送信機能の活用が注目されています。またこの機能はCM時の制御にも活用が期待されています。

メディアキャストの「SparkMUX」は、放送波からテレビ画面の強制表示などを制御できるイベントメッセージ信号を送出する装置で、任意のタイミングでデータ放送画面やアイコン、ボタンなどの表示制御を瞬時に行うことが可能となり、今後の視聴者参加型番組や双方向番組、そしてハイブリッドキャストなどの次世代放送サービスにおける効果的な番組演出を提供します。
また、「SparkMUX」にはオプションで「リモートスイッチボックス」が提供されており、生放送時の副調整室での送出操作が容易となり、データ放送技術者以外の番組スタッフでも簡単に操作が可能となっています。

今後、中京テレビと札幌テレビでは、「SparkMUX」の機能を使った様々な演出を考案しながら、魅力的な番組の拡充を図っていく予定です。
メディアキャストは、地方局やCATV局でも、双方向企画や視聴者参加型企画が増えることから、効果的な演出のためにイベントメッセージが不可欠であることから「SparkMUX」の販売を強化していきます。
尚、メディアキャストでは、2014年11月19日(水)~21日(金)に幕張メッセで開催される「国際放送機器展(InterBEE2014)」において、中京テレビの番組事例をデモンストレーションと共に紹介する予定です。


◆「SparkMUX」を使った番組
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇ 中京テレビ:
  地域情報番組「キャッチ!」    
  毎週月曜~金曜 午後3:50~
  リンク

◇ 札幌テレビ:
  バラエティー生番組「マハトマパンチ」
  毎週日曜日 午前9:55~10:55
  リンク


中京テレビの「キャッチ!」の画面を以下でご覧いただけます
リンク

このプレスリリースの付帯情報

中京テレビ 地域情報番組「キャッチ!」

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※イベントメッセージ
イベントメッセージは、放送局から受信機に対してトリガー信号を送信し、テレビ画面への強制表示などの制御が可能で、番組演出はもちろんのこと、緊急地震速報などの速報情報に不可欠な機能です。従来、同機能は高価な放送機材でしか提供されておらず、送出速度にも問題がありましたが、メディアキャストは、放送局側から放送波を使って視聴者の受信機を瞬時に制御できる唯一の機能として、ハイブリッドキャストをはじめとする今後の放送サービスには不可欠の機能であることに着眼し、地方局やケーブルテレビでも安価に利用できるよう技術開発を進めてきました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事