logo

ウインタースポーツにベストな「スノーエクスプレス」はE-Four搭載車!?~早い者勝ち!“今が買い時”の中古車をご紹介する「カーセンサー特選市」より~

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年10月29日 14時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する「カーセンサーnet」では中古車の買い時をご紹介する「カーセンサー特選市」を毎週3回連載しています。本日はその中からオススメの車をご紹介いたします。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
リンク

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」とは
――――――――――――――――――――

中古車は一物一価の商品のため、価格や状態は千差万別。タイミングを外すと同程度の物件を10万円以上高く買うなんてことも・・・。そこで、カーセンサー特選市では、カーセンサー編集部が“今”買うべきオトクな中古車をご紹介しています。

▼カーセンサーnet 「カーセンサー特選市」
リンク

▼今回のオススメ記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
【今週のオススメ】
ベストな「スノーエクスプレス」はE-Four搭載車!?
――――――――――――――――――――

■ウインタースポーツには「E-Four」車が最適

スキーやスノボなどのウインタースポーツを楽しむには、やはり車が便利です。気兼ねなく仲間とワイワイ話しながら目的地に向かえるのはもちろん、板やブーツなどの荷物の運搬も容易です。
ただ、どんな車でもOKというわけにはいきません。いくら近年は除雪車などで路面が整備されているとはいえ、雪深いエリアなどでは4WDは必須とも言えます。そこで今回はウインタースポーツに最適な4WD車をご紹介します。
ひと口に4WDといってもその種類は様々。スバルのシンメトリカルAWDやアウディのクワトロなどが有名ですが、トヨタのハイブリッドモデルなどに設定されている「E-Four」も実は侮れないシステムです。
E-Fourはエンジン+フロントモーターに加え、リアにも独立したモーターが設置されています。これにより雪面など摩擦係数の低い路面でもグイグイ進むんです。もちろんハイブリッドですから燃費性能も優れており、山道だけでなくスキー場までの高速道路でもその力を発揮するんです。

■車内で着替えやすいのも魅力のひとつ

では、具体的にオススメの「スノーエクスプレス」とは何か。それは現行エスティマハイブリッド、旧型アルファードハイブリッド、最終型ハリアーハイブリッド(ハリアーとして旧型に当たるモデル)、最終型クルーガーハイブリッドの4車種です。総額200万円以下でカーセンサーアフター保証対象車が狙えます。
ミニバンの代名詞であるエスティマ、フラッグシップミニバンのアルファード、洗練されたデザインのハリアー、7人乗りのSUVクルーガーと、それぞれキャラクターに違いがあります。
しかし「車内が広い」というのは共通。快適に移動でき、荷物がたくさん載せられるのはもちろん、車内でゆったりと着替えられるというメリットもあります。また、エスティマやアルファードなどであれば横になって足を伸ばして休憩することも可能。価格的にも高すぎず“適度に古い”ので、ある意味、道具として気兼ねなく使えるのもポイントでしょう。

■気に入った物件があったなら、早めの行動が吉!

では、これらモデルの中古車市場はどうなっているでしょう。カーセンサーnetに掲載されている物件の平均車両価格/平均走行距離は、下記の通りです。

・エスティマハイブリッド:約229万円/5万8000km
・アルファードハイブリッド:約143万円/9万1000km
・ハリアーハイブリッド:約192万円/5万4000km
・クルーガーハイブリッド:約125万円/8万1000km

中古車相場と平均走行距離の動きは車種によってマチマチですが、どれも9月末頃から値上がり傾向にあります。と同時に、カーセンサーnetの掲載台数も減っています。オトクな物件への「競争率」は高くなっていますので、上記価格を参考にお気に入りの1台を探してみてください。



▼今回ご紹介した特選車はこちら
【検索条件】トヨタ エスティマハイブリッド(現行型)&トヨタ アルファードハイブリッド(旧型)&トヨタ ハリアーハイブリッド(最終型※2)&トヨタ クルーガーハイブリッド(最終型)×総額200万円以下×CSA保証車
※プランでCSA保証を付けた場合、総額200万円を超える場合があります
※2 ハリアーとしては旧型に当たるモデルです
リンク


▼「カーセンサーアフター保証」はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
「カーセンサー特選市」バックナンバー
――――――――――――――――――――

新型デミオと互角(?)の輸入車がデミオより低予算で狙える
リンク

コスパも抜群!「大きい車に乗る」のは最高の贅沢?
リンク

露天風呂気分!? オープンカーという「レジャー」は冬が楽しい
リンク

美しさすら感じる200万円以下の「アートな車」をご紹介
リンク

コンパクトでめちゃ便利!100万円以下の「カジュアルSUV」
リンク

150万円以下でインプ&ランエボを「日常の足」にする幸せ
リンク


▼バックナンバー一覧
リンク


――――――――――――――――――――
◇「カーセンサー」について
――――――――――――――――――――

1984年より中古車選びの情報誌『カーセンサー』(全国を16版で網羅)や同サイト『カーセンサーnet』、プレミアムカーの情報誌『カーセンサーEDGE』および同サイト『カーセンサーEDGEnet』を運営しています。現在は、カーライフトータルサポートとして、中古車の購入後の安心を実現する保証サービスや、車検、買取、廃車といったクルマ購入後のサービス、カー用品の通信販売サイトも展開しています。

▼「カーセンサーnet」
リンク

▼「カーセンサーEDGEnet」
リンク

▼「カーセンサーアフター保証」
リンク

▼『カーセンサー』の「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼『カーセンサー』の「Twitter」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事