logo

ヴィクシア、SAPジャパン、ブレインパッドと11月7日(金)に共同セミナー開催

来たる2014年11月7日(金)、SAPジャパン株式会社、株式会社ブレインパッド、株式会社ヴィクシアの3社は共同でセミナーを開催いたします。

来たる2014年11月7日(金)、SAPジャパン株式会社、株式会社ブレインパッド、株式会社ヴィクシアの3社は共同でセミナーを開催いたします。

本セミナーでは、マーケティング施策(特にCRM系)の企画や運用を担当されている方、
顧客データの管理・活用を担当されている方、キャンペーンマネジメントシステムの導入を検討されている方々を対象に、コミュニケーションシナリオの策定から対象の効果的なパーソナライズ、施策の合理化などを事例を交えてお送りいたします。

◆セミナー概要
【日時】 2014年11月7日(金)14:00~16:40(受付開始 13:30)
【場所】 SAPジャパン半蔵門オフィス(麹町)
【定員】 50名
【対象】 マーケティング施策(特にCRM系)の企画や運用を担当されている方、
     顧客データの管理・活用を担当されている方、
     キャンペーンマネジメントシステムの導入を検討されている方
【主催】 SAPジャパン株式会社、株式会社ブレインパッド、株式会社ヴィクシア
【費用】 無料(事前のお申し込みが必要です。)
【参加申し込み】 本セミナーのお申し込みは、リンク先より行なってください。

◆プログラム
14:00-15:00
~ CRMからキャンペーンマネジメントへ ~顧客を育てるコミュニケーションシナリオの最適化にむけて
顧客育成のカギは、顧客ひとりひとりにカスタマイズしたマーケティング施策を実践していくことです。そのためには顧客の理解を深めることはもちろんのこと、複雑化する施策や多様化するコンタクトチャネルを管理していく必要があります。本セミナーでは、顧客の成長に合わせたコミュニケーションシナリオの作り方から、マーケティング施策を実践するためのポイントまで、まとめてご説明します。
株式会社ヴィクシア CRM事業部 部長 長谷川浩司

15:00-15:10
休憩

15:10-16:00
結果を出すマルチチャネルマーケティングのプロセスのご紹介~
データ収集、予測分析、キャンペーン実行、効果検証まで~
現在、ビッグデータ活用、データサイエンティストによる高度、個々の顧客に対するメーッセージのパーソナライズなどが大きな話題となっています。しかしながら、それらのパーツはひとつの目標に対して連続して実行され、連携をしなければ、収益には決して結びつけません。本セッションでは、様々な目標に対してどのように、データを収集し、分析の実行と、分析体制の構築、施策のオートメーション化を実現するかをご紹介いたします。
株式会社ブレインパッド マーケティングオートメーションサービス部 部長 東一成 氏

16:00-16:30
SAPの予測分析のポートフォリオ ‐ロードマップと将来の方向性
SAPは予測分析を重点的な投資領域として捉え、13年におけるKXEN社買収に代表される投資を継続的に行っています。ここではSAPの予測分析のポートフォリオとその利用例をご紹介するとともに、特にKXEN改めSAP InfiniteInsightの将来の方向性についてご紹介いたします。
SAPジャパン株式会社 ソリューション&イノベーション統轄本部
アナリティクスソリューション本部 部長 中田淳 氏

16:30-16:40  質疑応答
16:40     クロージング

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。