logo

JMAM 「くまモンと学ぶExcelデータ分析入門コース」

株式会社 日本能率協会マネジメントセンター 2014年09月30日 14時00分
From Digital PR Platform


株式会社日本能率協会マネジメントセンター(代表取締役社長:長谷川隆、港区、以下JMAM[ジェイマム])は、2014年10月より同社が展開している法人向け通信教育事業において、新コース「くまモンと学ぶExcelデータ分析入門コース」を開講します。主なターゲットは、データ分析の基本を学びたい若手・中堅ビジネスパーソンです。

本コースは、難解なイメージのある“データ分析”を、初心者の方でも学びやすいように編集しました。熊本県の営業部長「くまモン」がナビゲーターとなり、「観光フェアでPRする地域を考えるために、熊本県の観光客データを分析する」というストーリーにもとづき、2ヶ月でデータ分析の基本を学びます。営業担当者から事務職の方まで、売上データや商品管理データなど、身近にある多量なデータをグラフ化し、その動向を「見える化」することで、課題解決のヒントになる手がかりを掴めるにようになります。

コースの中では、熊本県が実際に公開しているデータと、一般的なデータをサンプルデータとして活用し、データ分析初心者が押さえておきたい「比率」の考え方や、Excelのピボットテーブル機能を使ったデータ加工の手法について理解・習得することができます。コースのまとめとして受講者が最後に提出するレポート課題があり、受講者が実際にExcelファイルを操作して作成した表やグラフを提出する形式のため、より実践的な学習機会となります。

また、受講生は学習を進めるなかで、当コース受講者のために作成されたくまモンからの「特別メッセージムービー」を閲覧することができます。受講者へのエールはもちろん、コース内に登場する、熊本県の名産“よかモン”や観光名所“よかトコロ”に関して、くまモンが紹介します。全4話のうち、第1話のみ弊社通信教育カタログサイト「J‐manavi」 にて、どなたでも閲覧可能です。
リンク

JMAMでは1979年より、法人向け社会人教育事業の一環として通信教育事業を展開してきました。平成26年3月時点での通信教育コース数は約250講座、受講者数約25万人。契約企業数は製造業・流通業はじめ約4,500社にのぼります。今回開講するコースは、初年度利用者を5,000人規模と見込んでいます。

JMAMは今後も、社会人教育のトレンドに即したビジネススキルやマネジメント教育を提供し、日本企業の人材育成戦略を支えていきます。

「くまモンと学ぶ Excelデータ分析入門コース」

<カリキュラム>
序章 くまモン部長、困る!
~数字がいっぱいで、どうしたらよかモン?
・データ分析とは何かを理解する

第1章 データ分析の基本的な考え方
~どのようにデータ分析すればよかモン?
・ビジネスデータ分析の基本的な考え方について理解する
・比率について理解する
・グラフの種類と活用について理解する

第2章 Excelでデータ分析をしてみよう
~ピポットテーブルにチャレンジするモン~
・Excelのピポットテーブル機能について理解する

第3章 ビジネスデータ分析の実践(入門編)
・熊本県の実際のデータを用いて、データ分析を行う

第4章 ビジネスデータ分析の実践(応用編)

<受講対象者>
若手社員 ~ 中堅社員(ビジネスデータ分析を、基本から学びたい方)

<教材概要>
コースコード
KMD

受講料(消費税等含む)
特別:12,960円
一般:15,120円

受講期間
2ヶ月(在籍期間:4ヶ月)

教材校正
・テキスト1冊
・レポート提出・添削1回 講師添削型(Web提出可)
・サンプルデータ(受講生専用サイトからダウンロード)

執筆・編集
住中 光夫(システムリサーチ&コンサルト株式会社 代表取締役)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。