logo

20~40代の働き女子300名に聞く、「お疲れ実態&元気回復調査」

大正製薬株式会社 2014年09月24日 15時40分
From 共同通信PRワイヤー

2014年9月24日

大正製薬株式会社

20~40代の働き女子300名に聞く、「お疲れ実態&元気回復調査」
女子会でも疲れ顔は見せない!
お疲れ顔は見せたくない!働き女子の意地とプライド
栄養ドリンク女子が一番飲んでいるのは、「リポビタンファイン」

低カロリーの女性向け栄養ドリンク「リポビタンファイン」を販売する大正製薬株式会社(本社:東京都豊島区)は、この度、20代から40代の会社員女性300名を対象に、仕事中の疲労や元気回復策について聞く、「お疲れ実態&元気回復調査」を実施致しました。その結果、働く女性達がさまざまな場面で疲れを感じながらも、 疲れを見せないよう懸命に努力し、周囲に元気を振りまいている実態が明らかになりました。調査結果からは、「リポビタンファイン」をはじめとする栄養ドリンクが働く女性を支えている様子も伺えます。

■実施時期     2014年8月29日(金)~8月31日(日)
■調査手法     インターネット調査
■調査対象     全国の20~40代の女性会社員
■サンプル数    300名(20代100名、30代100名、40代100名)


<調査結果概要>
●働き女子たちも、ごくごくフツーに栄養ドリンクを飲んでます!
・働き女子の9割(90.7%)が会社で「疲れ」を感じていますが、6割(64.7%)がお疲れ顔を「見せたくない」と頑張っています。
・平日、最も元気が欲しい時間帯は「朝起きた時」(32.3%)。朝からお疲れ気味のまま、出勤している働き女子が多い。
・会社で元気が欲しい時、約半数が「飲み物」(48.7%)を飲み、そのうち約3割が「栄養・美容ドリンク」(26.7%)を選択。
・頑張る働き女子の半数以上(54.7%)が栄養ドリンクの飲用経験があります。
・特に「疲れが抜けない時」(55.5%)や「朝、元気がない、だるいと感じる時」(41.5%)に栄養ドリンクを飲んでいます。

●社交的で勝負強く、コミュニケーション能力が高い“栄養ドリンク女子”
・栄養ドリンク=オジサンというイメージは既にないようで、働き女子にとって栄養ドリンクを飲むことに「抵抗はなく」(61.7%)、 「上手に取り入れたい」(59.0%)とむしろ積極的です。栄養ドリンクを飲む“栄養ドリンク女子”は栄養ドリンクを飲むと「元気が出て」(70.1%)、「仕事の効率も上がる」(65.9%)と実感しています。
・“栄養ドリンク女子”は、飲まない女子と比べて、コミュニケーション能力が高く、異性からも同性からも好かれ、ここぞという時にうまくいく勝負強さも兼ね備えた“持ってる”女性です。

●栄養ドリンク女子が選んでいるのは「リポビタンファイン」
・そんな“持ってる”栄養ドリンク女子が最もよく飲む栄養ドリンクは「リポビタンファイン」(50.6%)。
「リポビタンファイン」は、元気になりたい(23.3%)、仕事の能率をあげたい(22.7%)、疲れを取りたい(19.7%)、大事な仕事の前(15.0%)、眠気を覚ましたい(14.0%)などのシーンで、いちばん飲みたい栄養ドリンクに選ばれました。
・仕事関係のオンモードの時はもちろん、デート前や合コン前などのラブモードの時に栄養・美容ドリンクを飲みたいと思う働き女子が増えており、栄養ドリンクが女性の滋養強壮のために選ばれるようになりそうです。



<「リポビタンファイン」商品情報>
[製品の特徴]
●リポビタンファインは、1本中にタウリン1000mgとイノシトール、ビタミンB群などを配合した100mL ドリンク剤です。
●1本あたり19kcal、ノンシュガーの低カロリー処方ですので、カロリーを気にする方、カロリー制限をしている方におすすめです。
●すっきりとした飲み心地です。

[効能・効果]
●肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給 
●滋養強壮 
●虚弱体質

[用法・用量]
成人(15才以上)1日1回1本(100mL)を服用してください。

[成分 100mL中]
タウリン1000mg / チアミン硝化物(ビタミンB1)5mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB2)5mg / ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)5mg
ニコチン酸アミド20mg / イノシトール50mg / 無水カフェイン50mg
添加物:キシリトール、D-ソルビトール、アセスルファムK、スクラロース、クエン酸、クエン酸Na、
    安息香酸Na、香料、グリセリン、バニリン





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。