logo

第一回 PHP認定技術者育成貢献賞 受賞社を発表

オライリー、ニフティ、日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズの特別協賛を受け全国200か所で通年受験を実施

一般社団法人PHP技術者認定機構(理事長:吉政忠志、所在:東京都世田谷区、以下「PHP技術者認定機構」)は、第一回 PHP認定技術者育成貢献賞 受賞社を発表しました。

◆PHP認定技術者育成貢献賞 主旨
PHP技術者認定機構の掲げるPHP認定技術者育成に顕著に貢献した認定スクール及び企業、個人に対して感謝の意を表し、PHP認定技術者育成貢献賞をお贈りしています。

◆PHP認定技術者育成貢献賞 選定基準
対象期間で以下のいずれかを満たす、PHP人材育成に貢献した法人もしくは個人とします、

1.年間20回以上の協賛セミナーと有償トレーニングを実施した会社・個人
2.年間10回以上の有償トレーニングを実施した会社
3.累計で50人以上 合格者を育成した 法人(認定スクールを含む)
4.その他、顕著な功績があった法人・個人

※「有償トレーニング」 PHP技術者認定試験対応もしくは対策の有償トレーニング
※「協賛セミナー」 PHP技術者認定機構が協力、協賛、講演したセミナーでカタログを配布できたセミナーのみ

◆対象期間
毎年2月1日~翌年1月31日の期間を対象期間とします。

◆応募方法
毎年4月28日までに、自薦他薦にて、PHP技術者認定機構のお問い合わせフォームよりお申し付けください。

◆第一回 人材貢献賞受賞企業(2013年度) ※五十音順
株式会社アルティネット 受賞理由:全技術者40名の受験と全員合格
インターネットアカデミー 受賞理由:年間16回の認定トレーニング実施
NECマネジメントパートナー株式会社 受賞理由:年間16回の認定トレーニング実施
株式会社格子組 受賞理由:上級認定テキストの作成と公開
ヒューマンリソシア株式会社 受賞理由:115回の協賛セミナーの実施

用語解説

■■PHP技術者認定機構について
オライリー・ジャパン、ニフティ、日本マイクロソフト、NTTコミュニケーションズによる特別協賛のもと、2011年2月1日に設立したPHP技術者認定試験を運営する一般社団法人です。オライリー・ジャパンが出版した「初めてのPHP5」と「プログラミングPHP 第2版」を主教材及び出題範囲としています。業界初の匿名論文審査方式を採用した最上位資格審査「ウィザード」を実施しています。
認定スクール一覧:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事