logo

SAS Institute Japan、アナリティクス専門フォーラム「SAS All Analytics 2014」を開催


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 仁志、以下 SAS)は、来る10月9日(木)、アナリティクス専門フォーラム「SAS All Analytics 2014」をベルサール汐留(東京都中央区)にて開催します。「ビッグデータ最前線:アナリティクスによる先進事例と課題解決のご紹介」をテーマに、企業の競争優位性の獲得ならびに行政機関のサービス向上のために、ビッグデータ活用をさらに進めるための先進的な取り組みや直面する課題を解決していくためのヒントについてご紹介します。

本フォーラムでは、午前中は、SAS Institute Inc. 副社長 北アジア地域統括 兼 SAS Institute Japan株式会社 代表取締役社長の吉田 仁志が「アナリティクスで競争優位を築く(仮)」と題した講演を行います。また、特別講演として、日本電気株式会社 ビッグデータ戦略本部 本部長の中村 慎二氏による「ビッグデータにおける、今後10年のイノベーション(仮)」ならびに、統計学者 鳥越 規央氏による「勝てる野球の統計学~データ野球の『これまで』と『これから』」を予定しています。

午後は、マーケティングのソリューション、金融リスク/サイバーセキュリティのソリューション、最先端のアナリティクスに特化した3トラック、全12のセッションを予定しています。花王株式会社、株式会社りそなホールディングスなどによるアナリティクス活用事例のほか、金融、小売、流通、サービス、公共、製造/製薬、中堅企業のマーケティング部門、リスク管理部門、営業企画、経営企画、情報システム部門の方々を対象とした豊富なセッションが展開されます。

<開催概要>
日 時: 2014年10月9日(木) 10:00~17:00 (受付開始 9:30~)
会 場: ベルサール汐留 2F (東京都中央区銀座8-21-1 住友不動産汐留浜離宮ビル)
参加対象: 金融・小売り・流通・サービス業・公共・製造/製薬・中堅企業などのマーケティング・営業企画・リスクマネジメント・経営企画・情報システム部門の方々
主 催: 株式会社ビジネス・フォーラム事務局
協 賛: SAS Institute Japan株式会社

参加費: 無料(事前登録制)
申し込み: イベント公式サイトで申し込み受付中
リンク

その他、「SAS All Analytics 2014」に関する最新情報は下記サイトをご参照ください。
www.sas.com/jp/go/aa2014

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、革新的なソリューションを通じて、70,000以上の顧客サイトに、パフォーマンスを向上し、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約250名(リンク

*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事