logo

ソフトバンク・テクノロジー、 『マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2014』を受賞!

ソフトバンク・テクノロジー株式会社(代表取締役社長 CEO:阿多 親市、本社:東京都新宿区、以下SBT)は、日本マイクロソフト株式会社(代表執行役 社長:樋口 泰行、本社:東京都港区、以下日本マイクロソフト)より発表された、「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2014」において『Identity and Access コンピテンシー アワード』最優秀賞を受賞しましたのでお知らせします。



『マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2014』は、日本マイクロソフトのパートナー企業の中から、30分野のアワードで革新的なソリューションの提供や実績を持つ企業が選出されます。今回、SBTの受賞した「Identity and Access コンピテンシー アワード」は、Active Directory Federation Services (ADFS)を採用したID管理や、Microsoft Forefront セキュリティ製品などの採用など、優れたIDおよびアクセス管理、セキュリティソリューションを構築したパートナーに贈られるものです。

SBTは、お客様システムのMicrosoft Office 365の移行支援に加え、クラウドサービスの利便性を高めるシングルサインオン環境の提供や、セキュリティを向上させる認証サービスの導入において評価されました。特に、Microsoft Azureによるパブリッククラウドを活用してOffice 365とActive Directoryを連携させる、クラウド認証基盤ソリューション『ADFS on Cloud』の導入実績が受賞につながりました。


▼『ADFS on Cloud』に関する詳しい情報は以下のWebサイトをご参照ください。
リンク


この度の受賞に関し、以下のコメントをいただいております。

「マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2014の受賞、誠におめでとうございます。 SBTは、Microsoft AzureをベースとしたOffice 365とActive Directoryの連携ソリューション『ADFS on Cloud』を通し、お客様から高い評価を得られています。 引き続きお客様に最適なサービス、IT環境をご提供されることで、Office 365とAzureの市場拡大に貢献いただけることと期待しております。」

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員 エンタープライズパートナー統括本部長
近藤 禎夫 氏


SBTは今後も、継続して日本マイクロソフトとの連携を深め、付加価値の高いサービスの提供を通じて、クラウド化によるワークスタイル改革を推進し、お客様のビジネスの発展に貢献してまいります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。