logo

名刺管理のSansan、ワークスタイル変革セミナー開催 ~社員の生産性が劇的に向上!クラウド活用で実現するワークスタイル変革とは?~

Sansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘、以下Sansan)は9月12日にグーグル株式会社の六本木オフィスにて初の共同セミナーを開催します。
組織の生産性向上をテーマに、クラウド活用で実現する新しい働き方を両社の実践例とともにご紹介します。



世界初の法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』を提供するSansan。同社は徳島県神山町のサテライトオフィスの取り組みでも注目を集めています。

本セミナーは、2社に共通する風通しの良い企業文化や既成概念にとらわれない新しい働き方をご紹介します。クラウドの効率的な活用によって生み出されるイノベーションについて、情報共有を通じてビジネスを促進する”集合知”をキーワードに考察。Sansan と Google AppsTM の導入や使いこなすにあたっての実践的なポイントもご紹介します。

革新的なサービスを産み出す2社の働き方を通じて、自社の生産性向上を実現するノウハウをご提供いたします。


■特にこのような方におすすめです
・ITを活用して組織の業務を効率化し、生産性を向上したい経営者の方
・法人向けクラウドサービスの導入をご検討されている方


【開催概要】
セミナー名 :
知識と出会いを共有し、組織の生産性を向上させるワークスタイル変革とは?
日時:2014年9月12日 (金) 16:00 - 18:00 (開場15:30)
会場: グーグル株式会社 会議室: Yakusugi
定員:50名
参加料金:無料

▼詳細・参加お申し込みはこちらから▼
リンク



・Google 、Google Apps for Business 、Google Apps は Google Inc. の商標です。



■■■ ご参考情報 ■■■

■クラウド名刺管理『Sansan』とは
「営業を強くする名刺管理」をコンセプトに、社内に眠る名刺を営業活動に使える資産に変える世界初の企業向けクラウド名刺管理サービスです。
名刺をスキャナやスマホアプリで読み取るだけで、入力オペレーターにより名刺情報が正確にデータ化され、クラウド型アプリケーションを通して組織内で名刺情報を共有できます。さらにその名刺情報を元にしたマーケティングや営業活動、顧客管理といった幅広い活用が可能な機能を備え、効率的に営業力強化を実現。駐日米国大使賞やグッドデザイン賞、ソフトウェア・プロダクト・オブ・ザ・イヤー等、国内・欧米で数々の賞を受賞し、特許を取得しています。導入企業は2,000社を超え※1、名刺管理サービス市場シェアは約8割で業界No.1※2を獲得しています。

※1)2014年5月現在
※2)出典:2014年6月 株式会社シード・プランニング調べ「注目サービス(クラウドWeb会議、名刺管理サービス、3Dプリンタービジネス、ハイレゾ音楽配信)の最新動向」より




◎WebサイトでTVCMを公開中です。
〈営業を強くする名刺管理「Sansan」〉リンク

◎ご導入事例も豊富にご紹介しています。
・導入リリース一覧 リンク
・導入事例一覧 リンク


■Sansan株式会社 会社概要
設立:2007年6月11日
所在地:150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
資本金等:22億1,589万円(うち資本金 11億794万円)
社員数:120名
事業内容:名刺管理クラウドサービスの企画・開発・販売

法人向け 営業を強くする名刺管理『Sansan』 リンク
個人向け 名刺をビジネスのつながりに変える『Eight』 リンク
URL : リンク


【本件に関するお問い合わせ先】Sansan株式会社 マーケティング部 担当:小林
フリーダイヤル:0800-100-9933(携帯からもOK/不通の場合 03-6419-3033)
メール:inquiry@sansan.com
資料請求・お問い合わせフォーム リンク




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事