logo

PowerShellスクリプトの作成 (CTC教育サービスインストラクターコラム)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)は「PowerShellスクリプトの作成 (CTC教育サービスインストラクターコラム)」を公開しました。

###

 今回のInst. Tech Viewは、PowerShellスクリプトについての話題です。

 以下の話題に関連した内容となりますので、下記コラムをご一読いただけますとより理解が深まります。

 第33回 Windows PowerShell

 PowerShellはマイクロソフトのコマンドラインシェルですが、スクリプト言語としても利用することができます。スクリプトとは、実行した い一連のコマンドを記述したテキストファイルです。日常的に行う繰り返しの操作をスクリプト化することにより、時間短縮や人為的な操作ミスを減らすなどの 効果があります。

 スクリプトの作成には任意のエディタを使用でき、簡単なスクリプトであればメモ帳(notepad.exe)でも作成することが可能です。統合ス クリプト環境としては、ISE(Integrated Script Environment)がPowerShellに標準搭載されています。ISEはエディタ、デバッガなど、スクリプティングに必要なツールがまとまって います。構文が色分けされて表示されるため視認性に優れており、タブ補完によるコードの記述も可能です。またデバッグ機能がついており、ブレークポイント の設定やステップ実行を行うこともできます。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。