logo

「横浜マラソン2015」 地元優先枠のランナー申込みは10.3倍!

横浜市 2014年08月05日 12時52分
From Digital PR Platform


 待望のフルマラソン化が実現した、横浜マラソン2015(2015年3月15日開催予定)について、フルマラソンの地元優先枠(横浜市民枠、神奈川県民枠)の申込みを7月31日(木)に締め切った結果、申込者数が30,909人となり、約10倍の競争率となりました。
抽選の結果については、8月14日(木)に申込者全員に通知されます。
 
 ※なお、その他の参加枠については、申込締切まで引き続きランナー募集を行います。

1 地元優先枠の申込状況 種目 募集人数 申込者数 倍率
 (1)地元優先枠  募集3,000人に対する申し込み30,909人(10.3倍)
 (2)横浜市民枠  募集2,000人に対する申し込み19,436人(9.7倍)
 (3)神奈川県民枠 募集1,000人に対する申し込み11,473人(11.5倍)

2 その他の参加枠の募集人数及び募集期間
(1)フルマラソン(一般枠)/19,450人、10km/1,000人、10km(車いす) /30人、2km(車いす) /20人
  7月10日(木)~ 8月24日(日)
(2)フルマラソン(海外優先枠)/500人
  7月10日(木)~ 9月21日(日) ※先着順

3 備考
(1)フルマラソン(チャリティ枠)/500人については、7月25日(金)に申込みが募集人数に達しましたので、受付を終了しました。
(2)フルマラソン(一般枠)、10kmについては、すでに申込みが募集人数を超えているため、抽選になります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事