logo

大坂の陣400年音楽祭 開催決定! 大阪城西の丸庭園の特設会場で1万人の野外音楽イベント

大坂の陣400年プロジェクト実行委員会 2014年08月05日 12時53分
From 共同通信PRワイヤー

2014年8月5日

大坂の陣400年プロジェクト実行委員会

10月1日から開催の「大坂の陣400年天下一祭」
オープニング・プレイベント
大阪城西の丸庭園の特設会場で1万人の野外音楽イベント
大坂の陣400年音楽祭 開催決定!
9月27(土)、28日(日)の2日間
大阪を愛するアーティストが大阪城に集結
出演アーティスト 9月27日(土) コブクロ、flumpool、清水翔太
         9月28日(日) 倖田來未、スキマスイッチ、加藤ミリヤ、May J.

 大坂の陣400年プロジェクト実行委員会では、大坂の陣400年天下一祭のオープニング・プレイベントとして、2014年9月27日(土)、9月28日(日)の2日間、大阪城西の丸庭園特設会場において、大坂の陣400年音楽祭(主催:大坂の陣400年音楽祭実行委員会)を開催することが決定しましたので、お知らせします。
 大坂の陣400年音楽祭は、大坂の陣400年天下一祭(2014年10月1日から開催)の直前の週末に、メイン会場となる大阪城を借景に、各日1万人規模で開催する野外音楽イベントです。
 オープニングを飾るにふさわしい豪華出演アーティストは、9月27日(土)がコブクロ、flumpool、清水翔太、9月28日(日)が倖田來未、スキマスイッチ、加藤ミリヤ、May J.。いずれも大阪を愛してやまない国内外で活躍する人気アーティストの全7組が大阪城に集結し、2日間にわたり、大阪の魅力を発信する熱いステージを繰り広げ、大坂の陣400年天下一祭を大いに盛り上げていただきます。

■「大坂の陣400年音楽祭」開催概要
出 演 者:9月27日(土) コブクロ、flumpool、清水翔太
       9月28日(日) 倖田來未、スキマスイッチ、加藤ミリヤ、May J.
公 演 日:2014年9月27日(土)開演17:00
             2014年9月28日(日)開演16:00
会     場:大阪城西の丸庭園特設会場(大阪市中央区大阪城3-11)
入 場 料:9月27日(土) 7,200円(税込・芝生ブロック指定エリア)
             9月28日(日) 7,200円(税込・芝生ブロック指定エリア)
             ※雨天決行・荒天の場合は中止。
年齢制限:未就学児童は入場不可。
主     催:大坂の陣400年音楽祭実行委員会
後     援:大阪府、大阪市
チケット発売日:2014年8月31日(日)
先行予約受付:・8月5日(火)15:00~8月12日(火)23:00
                      大坂の陣400年天下一祭公式HPにて
                    ・8月13日(水)から各プレイガイド先行予約受付開始
チケットに関するお問い合わせ先
                     キョードーインフォメーション(全日10:00~19:00)
                     電話番号06-7732-8888

<出演アーティスト>
○9月27日(土)出演者
・コブクロ
大阪・堺で共にそれぞれ単独でストリート・ライブをやっていた小渕健太郎と黒田俊介の二人が出会い、1998年9月に「コブクロ」を結成。インディーズ時代から幅広い世代の支持を集め、2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール~/Bell」でメジャーデビュー。「ここにしか咲かない花」「桜」「蕾」「流星」「今、咲き誇る花たちよ」など数々のヒット曲をリリース。
2014年、「陽だまりの道」を発売し、ツアーも同名で実施。大阪城ホール2days、大阪・京セラドーム2daysを成功させる。

・flumpool
山村隆太(Vo.)、阪井一生(Gt.)、尼川元気(B.)、小倉誠司(Dr.)による大阪出身の4人組ロックバンド。
2008年にダウンロードシングル「花になれ」でデビュー。au KDDI『LISMO』のキャンペーンアーティストに起用され、10日間で100万DLを突破するなど大きな話題となり、デビュータイミングから、その名を全国に響き渡らせた。
2009年にはデビュー僅か1年という早さで2日間に渡る初の日本武道館公演を即日SOLD OUTさせ、年末に『第60回NHK紅白歌合戦』に初出場し、その後も連続で出演を重ねた。
今年5月には、初のベストアルバム『MONUMENT』をリリースし、現在デビュー5周年イヤーの中、全国10万人動員のツアー『MOMENT』を開催中。そのツアー最終公演では、『MOMENT』<ARENA SPECIAL>と題して、横浜アリーナ・大阪城ホールにてスペシャルライブを4日間開催するが、チケットは全公演、即日ソールドアウトとなっている。メンバ―の地元大阪への愛情の深さは周知の事であり、2012年より大阪城ホールにて開催されている所属レーベルA-Sketchのカウントイベントのトリを毎年務めている。

・清水翔太
大阪府出身。地元大阪のスクールでゴスペルを学び、ソウルミュージックに魅せられた事をきっかけに作詞・作曲、そしてアレンジまでこなす天才肌のシンガー/ソングライター。時に力強く、時に儚く歌い上げ、感情豊かな歌唱からラップまでこなせる日本では稀有なマルチな存在。
2007年秋、NYの音楽の殿堂『アポロシアター』のステージに平成生まれの日本人として初めて出演。地元の新聞からまさに「100万人に1人の生まれながらにしてのソウル・シンガー」と絶賛される。

○9月28日(日)出演者
・倖田來未
京都出身。2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビュー、日本では同曲で2000年12月にデビュー。以後数々のヒット曲を生み、ベストアルバムのダブルミリオンセールス、東京ドーム公演、そして、近年は台湾公演も定期的に開催するなど数多くの実績を残す。特にライブステージでの圧倒的な歌唱力、そしてダンスパフォーマンスは国内外から高い評価を得ている。国内外のアーティストとのコラボレーションも積極的に行う中、写真集やフォトエッセイ、アーティスト活動のみならずファッションアイコンとしても幅広い活動を行っている。8月6日にサマーシングル「HOTEL」をリリース。

・スキマスイッチ
大橋卓弥(Vo, G)、常田真太郎(Key)のソングライター2人からなるポップユニット。大橋が自分の曲のアレンジを常田に依頼したことをきっかけに1999年に結成。2003年7月にシングル「view」でデビュー。大阪のラジオ局のパワープレーをきっかけに話題を呼び、フックの効いたメロディと心地よいアレンジで、関西地区を中心に人気沸騰。2ndシングル「奏(かなで)」がロングヒットを記録し、全国的な認知を得る。1stアルバム「夏雲ノイズ」はオリコン週間チャート2位を獲得。2005年には5thシングル「全力少年」で「第56回NHK紅白歌合戦」初出場。2006年に8thシングル「ガラナ」でオリコンシングルチャート1位を獲得。2013年7月9日にはデビュー満10周年を迎え、8月21日に初のオールタイム・ベストアルバム「POPMAN’S WORLD~All Time Best 2003-2013~」をリリース。2014年7月、通算20枚目となるニューシングル「Ah Yeah!!」とライブDVD「Sukimaswitch in Augusta Camp 2013」をリリース。

・加藤ミリヤ
2004年に「Never let go / 夜空」デビューすると、リアルで等身大な歌詞とメロディセンス、その生きざまが支持され、瞬く間に“女子高生のカリスマ”として同世代から人気を博すようになる。大阪市・心斎橋にも店舗を構える自身のファッションブランドKAWI JAMELE、ジュエリーブランドのMIRRORでもデザイナーを務め、ファッションでも各媒体で特集が組まれるほどのブームを数多く発信。その髪型やメイク、ファッションを真似した“ミリヤー”現象を巻き起こし、2010年には『VOGUE JAPAN WOMAN OF THE YEAR』の10人に選ばれる。2011年からは小説家としても活躍しマルチな才能を発揮している。デビュー10周年を迎える現在も現代女性の愛や葛藤を歌い続け、“時代の代弁者”と呼ばれ熱く支持されている。

・May J.
日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当し、その歌声でお茶の間人気を不動のものにしている。父親が関西出身とあって、自身も「大阪はホームグランドのような場所」と大阪を愛する。

■ご参考資料

・「大坂の陣400年天下一祭」について 
 2014年・2015年は、大坂冬の陣(1614年)・大坂夏の陣(1615年)から数えて400年を迎える節目の年にあたります。
 戦国時代最後の合戦とされる大坂の陣を機に、天下泰平の世が訪れ、大坂は「天下の台所」と称されるなど、民のまち、商いのまちとして江戸と並ぶわが国屈指の大都市として繁栄してきました。
そして近代以降も、大阪は東京と並び日本を代表する世界都市として発展し続けています。
 この大坂の陣から400年となる節目の年に、両年を「大坂の陣400年」と位置づけ、大阪城を拠点に、大阪全域で「大坂の陣」の史実に触れていただく機会を創出する「大坂の陣400年天下一祭」を開催します。
 期間中は様々なイベントや催しが、大阪城周辺をはじめ大阪府内各地で開催されます。大阪府内の市町村や大坂の陣ゆかりの市町村、また民間団体等の参加事業とも連携し、大阪城周辺はもちろん、大阪全体で大きな賑わいを生み出します。
 このイベントを通じ、大阪城が日本の顔となり、歴史的観光拠点として国内外の方たちから愛されるよう、大阪が培ってきた歴史・文化やまちの魅力を広く発信し、大阪の活性化に寄与します。

・開催概要
名称         大坂の陣400年天下一祭
キャッチフレーズ 大きく夢見るまち、大阪
主催       大坂の陣400年プロジェクト実行委員会
開催期間     大坂冬の陣:2014年10月1日(水)から12月31日(水)まで
         大坂夏の陣:2015年春・夏(詳細決定後、発表)
会場       大阪城公園全体(大阪城本丸・西の丸庭園・極楽橋、太陽の広場など)
         および大阪府内全域
公式ホームページ   リンク

・「大坂冬の陣」のみどころ
 大坂の陣400年天下一祭のコアイベントとして、2014年10月1日(水)から12月31日(水)まで開催する「大坂冬の陣」の主な事業をご紹介します。
 天守閣から見下ろす現代の大阪の街並みに大坂の陣が浮かび上がるARアプリを使った「大坂の陣AR」。4Kなどの最新の映像技術を駆使して当時の光景が映像体験できるミュージアムと芝居小屋や武将や忍者のコスプレ変身が楽しめるエンターテイメント空間の「武将体験hall&SAMURAIミュージアム」(極楽橋周辺エリア)など、戦国時代にタイムスリップする感覚が楽しめるイベントが揃っています。
 また西の丸庭園では、巨大な「大坂の陣400年西の丸ドーム」を設置し、大坂の陣をテーマにした映像の上映や、コンサート、伝統芸能の公演も開催します。
 そのほか、大阪城内にある重要文化財の櫓(やぐら)特別公開など、大阪城を舞台に大阪の豊かな歴史や文化、またこれからの大阪の姿を楽しみながら学べるフェスティバルとして開催します。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。