logo

◎(ISC)2が2014年アジア・パシフィックISLA受賞者を発表

(ISC)2 Asia Pacific 2014年07月10日 16時52分
From 共同通信PRワイヤー

◎(ISC)2が2014年アジア・パシフィックISLA受賞者を発表

AsiaNet 57292
共同JBN 0758 (2014.7.10)

【香港2014年7月10日PRN=共同JBN】
表彰式ディナーは7月23-24日、北京のシャングリ・ラ ホテルでセキュアアジア@北京・カンファレンスと同時開催

情報およびソフトウエアのセキュリティー・プロフェッショナルの認定を世界中で実施する世界最大の会員制非営利団体であり、10万人近くの会員を有する(ISC)2(R)(アイ・エス・シー・スクエア、以下「(ISC)2(R)」)は8日、第8回年次アジア・パシフィック情報セキュリティー・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)プログラムの受賞者を発表した(リンク)。(ISC)2は、北京のシャングリ・ラ ホテルで7月24日開催される表彰式ディナーで27人の受賞者を表彰し、4つの模範的な人材育成イニシアチブおよびコミュニティー・サービスのスターを顕彰する特別受賞者を発表する。中国情報産業協会情報セキュリティー・プロフェッショナル委員会(Information Security Professional Committee of China Information Industry Association)と(ISC)2が共同開催するセキュアアジア@北京・カンファレンス(SecureAsia@Beijing Conference)が23-24日、同じ会場で同時開催される。

主賓の中国情報セキュリティー協会副会長のシャオ・ドン・ツォ博士と(ISC)2(R)の幹部はアジア・パシフィックの超一流の情報セキュリティー・プロフェッショナルによる人材育成の成果を表彰する。

(ISC)2(R)のエグゼクティブディレクターであるW・ホード・ティプトン氏(CISSP)は「(ISC)2(R)は25年前に創設されて以来、情報セキュリティー資格の提供を通じて専門家認証に貢献してきており、その資格保有数は増加を続けている。ISLAプログラムは今現在のパイオニアと先駆者を表彰することによって、次世代の強力な情報セキュリティー・プロフェッショナルの創意工夫を刺激することを支援する。その意味で、すべての受賞者に祝意・敬意を表したい。受賞者の皆さんは日常業務を超えてセキュリティーレベルの向上への情熱を注ぎ込んでいる。ISLAプログラムは(ISC)2(R)アジア・アドバイザリー・ボードのメンバーの継続的支援なしには成功できなかったので、私は同メンバーに深く感謝したい。さらに選考委員会メンバーには特に感謝したい。彼らは、ISLA受賞者を客観的に選抜するために最大限の時間と労力をささげてくれた」と語った。

今回の受賞者は、「information security practitioner」「managerial professional for an information security project」「senior information security professional」の3部門で選ばれた。2014年の受賞者は以下の通り。

▽「information security practitioner」部門
1. Yuwei Cai, global leader, DSIT Security Competency Center, Hewlett-Packard, China
2. Amelia Namatovu Gowa, policy analyst, International Multilateral Partnership Against Cyber Threats (IMPACT), Malaysia
3. Mohd Fazil Ismail, GSEC, CEH, manager, Security Assurance, International Multilateral Partnership Against Cyber Threats (IMPACT), Malaysia
4. Dr. In Kyung Jeun, CISA, manager, Korea Internet & Security Agency, South Korea
5. Muhammad Anis Rizal Bin Mustaffa Kamal, GPEN, GSEC, manager, Security Assurance, International Multilateral Partnership Against Cyber Threats (IMPACT), Malaysia
6. Lun-Chuan Lee, CISSP, CEH, CHFI, project manager, Cloud System Department, Chunghwa Telecom, Taiwan
7. Parakum Amaranga Pathirana, CISSP, CISA, CISM, head of IT Security & Compliance, Lanka ORIX Information Technology Services, Sri Lanka
8. Jim Y.F. Shek, CISSP, CISA, CBCP, program director, (ISC)2 Hong Kong Chapter, Hong Kong
9.Anan Sony, CISSP, CISA, ITIL Expert, manager (Consulting Service Department), ACIS Professional Center Co., Ltd., Thailand
10. Dr. Shengkai Wang, senior researcher on Internet International Policy, China Internet Network Information Center (CNNIC), China

▽「managerial professional for an information security project(s)」部門
1. Dr. Hyeyeon Ahn, senior executive vice president, chief operating officer (COO), chief marketing officer (CMO), Fasoo.com, South Korea
2. Lal Dias, MBA, MBCS, CITP, chief executive officer, Sri Lanka Computer Emergency Readiness Team|Coordination Centre, Sri Lanka
3. Alan, Hung-Pin Hsieh, CISSP, CISA, PMP, senior project manager, Acer Inc., Taiwan
4. Minsoo Lee, CEO, ICT Intelligent Security, South Korea

▽「senior information security professional」部門
1. Hae-Sul Choi, CEO, WATCH I System Inc., South Korea
2. Frank Kai Fat Chow, CISSP-ISSAP-ISSMP, CSSLP, CGEIT, senior consultant, Hong Kong Productivity Council, Hong Kong
3. Dr. Yuejin Du, director, National Engineering Lab for Cyber Security Emergency Response Technology, China
4. Dr. Mukhtar Hussain, chief information officer, Fauji Fertilizer Company Ltd., Pakistan
5. Dr. Atsuo Inomata, JAB Judge member, associate professor, Information Initiative Center / associate professor, Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology, Japan
6. Dr. Daisuke Inoue, director, Cybersecurity Laboratory, Network Security Research Institute, National Institute of Information and Communications Technology, Japan
7. Amit Karir, CISSP, CISM, CIPP/IT, privacy lead, Microsoft India Corporation Pvt. Ltd., India
8. Joonho Lee, chief information security officer, NAVER Corporation, South Korea
9. Masaru Matsunami, chief security technology officer, Sony Digital Network Applications, Inc., Japan
10. Wasantha Perera, CISSP, C|CISO, CRISC, head of Information Security and Compliance, Colombo Stock Exchange, Sri Lanka
11.Pravin Sharma, assistant general manager, Union Bank of India, India 12.Guang Alexander Yan, CISSP, CISA, CISM, manager, Deloitte Touche Tohmatsu Certified Public Accountants LLP, China
13. Qiang Zhang, CISSP, CISA, CBCP, information security manager, Bank of China, China

詳細およびセキュアアジア@北京・カンファレンス参加登録はウェブサイトwww.informationsecurityasia.comを参照。問い合わせはMaggie Yuen, marketing manager for (ISC)2 Asia-Pacificに電子メールmyuen@isc2.orgか電話+852 2850 6957で。会議に参加希望の報道関係者はKitty Chung, head of marketing communications for (ISC)2 Asia-Pacificに電子メールkchung@isc2.orgで問い合わせを。

▽(ISC)2(R) について
1989年に設立され今年で25周年を迎える(ISC)2(アイエスシー・スクエア)は、情報およびソフトウエアのセキュリティー・プロフェッショナルの認定を世界中で実施する、世界最大の会員制非営利団体であり、135カ国に10万人近くの会員を擁している。(ISC)2では、世界的に代表的な資格として認められているCISSP(R)(Certified Information Systems Security Professional)および関連資格の他、CSSLP(R)(Certified Secure Software Lifecycle Professional)、CCFP(SM)(Certified Cyber Forensics Professional)、CAP(R)(Certified Authorization Professional)、HCISPP(SM)(HealthCare Information Security and Privacy Practitioner)、SSCP(R)(Systems Security Certified Practitioner)などの資格認定を行っている。(ISC)2の資格は、IT分野の人材を評価・認定する際のグローバルなベンチマークである「ISO/IEC  17024」の厳しい要求を満たした最初のIT関連資格の1つである。また、 (ISC)2は、情報セキュリティー分野の知識を体系化した独自のCBK(R)に基づき、情報セキュリティー関連の教育プログラムやサービスを提供している。より詳しい情報はwww.isc2.orgを参照。

(C) 2014, (ISC)2 Inc. (ISC)2、 CISSP、 ISSAP、ISSMP、ISSEP、CSSLP、CAP、SSCPおよびCBKはいずれも(ISC)2, Inc.の登録商標である。また、CCFPおよびHCISPPは(ISC)2, Inc.のサービスマーク。

Facebook(リンク)、Twitter(リンク)、YouTube(リンク)で(ISC)2のフォローを。

▽報道関係問い合わせ先
Kitty Chung
(ISC)2 Asia-Pacific
+852- 35204001
kchung@isc2.org

ソース:(ISC)2 Asia Pacific

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。