logo

WHDIの最新技術を搭載した干渉に強いワイヤレスHDMIエクステンダーVE829を発売開始

~非圧縮にも関わらず、遅延が少ないHDビデオ信号を30m送信可能~

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、5台の入力機器から選択した出力をワイヤレスで最大30m延長できるワイヤレスHDMIエクステンダーの新製品VE829の販売を開始しました。
本製品は、WHDI最新技術により、HDMI機器4台、コンポーネント機器1台の信号を非圧縮で30mまで送信できるので、遅延が少なく、高品質で安定した映像をワイヤレスでお楽しみいただけます。トランスミッター側とレシーバー側にはそれぞれ1台ずつディスプレイを接続し、各々で異なる機器を選択して接続できますので、ホームシアターをはじめ、プレゼンテーション、制御室や学校など幅広いシーンで活用いただけます。

製品の主な特長とメリット


1.解像度1080pの非圧縮HDビデオ信号をワイヤレスで最大30m延長
解像度1080pの非圧縮HDビデオ信号を、ワイヤレスで最大30m離れた場所まで延長することができます。壁越しでも通信可能ですので、例えば1階に置いたブルーレイプレーヤーの3D映像を2階の自室までワイヤレス送信して、楽しむことができます。このように、ご家庭やプレゼンテーション等の場において入力機器やディスプレイを好きな場所に配置することができます。


2.干渉に強く、遅延の少ない安定した映像送信が可能
最新のWHDI(Wireless Home Digital Interface)技術を搭載しているため、5GHz使用帯域を自動選択して電波干渉を回避し、遅延は1ミリ秒以下という安定した映像配信が可能です。


3.2台のディスプレイ間で5台の入力機器を個別に選択して切替可能
入力機器は、トランスミッターであるVE829T側に5台(HDMI4台、コンポーネント1台)接続することができます。また、ディスプレイはトランスミッター側とレシーバー(VE829R)側にそれぞれ1台接続し、個別に入力機器を切り替えて出力可能です。これによって、例えば、ある部屋ではケーブルテレビを見ながら、別の部屋ではBlu-rayプレーヤーを再生するといったことが実現できます。


4.トランスミッター側に接続されたコンピューターはレシーバー側からワイヤレスで操作可能
トランスミッター側には、USB HID接続でコンピューターやノートパソコンを追加することができます。レシーバー側にキーボードやマウスを接続すれば、離れた場所からもこれらのコンピューターを操作することが可能になります。



製品型番: VE829  5入力2出力ワイヤレスHDMIエクステンダー

標準価格:64,000円
出荷開始日:2014年6月17日

このプレスリリースの付帯情報

VE829 外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。


ATENジャパンとは
ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。ユーザーニーズにあったサービスを提供することで、日本におけるKVMスイッチやビデオ製品、電源関連製品の更なる市場拡大を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事