logo

◎MGMリゾーツ・インターナショナルとHakkasan Groupが合弁会社設立

MGMリゾーツ・インターナショナル 2014年04月16日 10時10分
From 共同通信PRワイヤー

◎MGMリゾーツ・インターナショナルとHakkasan Groupが合弁会社設立

AsiaNet 56496
共同JBN 0422 (2014.4.16)

【ラスベガス(米カリフォルニア州)2014年4月15日PRN=共同JBN】
*ホスピタリティー業界で世界的な成長を目指す新会社

MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International 、リンク、NYSE:MGM)とHakkasan Group(リンク)は15日、MGM Hakkasan Hospitality(リンク)という名称のホテル運営委託会社を合弁で設立すると発表した。今回の戦略提携の狙いはカジノのない高級ホテル、リゾート、ホテル式アパートの設計、開発、運営を「ベラージオ」「Hakkasan」「MGMグランド」「SKYLOFTS」などのブランドで世界中の主要国際ゲートウエー都市および高級リゾート地で行うこととしている。現在それぞれのグループが行っているホテルおよびリゾート開発は今後すべて合弁会社が担当することになるが、その中には米州、中東、アジアにおけるMGMプロジェクトおよびアブダビとドバイにおけるHakkasanプロジェクトも含まれる。

(Photo - リンク

MGM Hakkasan HospitalityはMGMリゾーツ・インターナショナルとHakkasan Groupの強みを併せ持つことになる。MGMリゾーツはホスピタリティー経験の提供で世界的なリーダーであり、デスティネーションホテルの設計、運営の比類のない革新性、アメニティー、サービス品質で知られているが、一方、Hakkasan Groupは著名な世界的ライフスタイル企業でレストラン、ラウンジ、ナイトライフ、デーライフなどをユニークな方法で楽しむ経験を提供している。

Hakkasan Group会長のカデム・アル・クバイシー氏は「合弁会社は当社を複合的なグローバルライフスタイル企業に育て上げるという当社戦略の一つを具現化したものだ。すでにかなりの期間、ホテルやリゾートプロジェクトは当社の経営戦略の一部だったが、多様なブランド製品開発や運営に関する豊かな経験やスキルをもたらしてくれる最高に優秀なパートナーを見つけることが大事になっており、MGMリゾーツ・インターナショナルが最適任だった」と述べた。

MGMリゾーツ・インターナショナル会長兼最高経営責任者(CEO)のジム・ミュレン氏は「当社とHakkasanチームとの提携関係は2013年4月にMGMグランドでHakkasanラスベガス・レストラン&ナイトクラブをオープンして大変な成功を遂げたのが始まりだ。この関係がMGM Hakkasan Hospitalityの設立に成長したことにより、世界中にリゾート地やライフスタイル経験を作ろうとしている当社にとって資本へのアクセスができ、さらにベラージオやMGMグランドといったアイコン的なブランドを持つ世界的に有名なライフスタイル・ブランドに加わるチャンスができた」と述べた。

両社とも所有するブランド・ライセンスをMGM Hakkasan Hospitalityに提供することになっており、新会社はベラージオ、Hakkasan、MGMグランド、SKYLOFTSなど世界最高のホスピタリティー・ブランドをいくつも併せ持つことになる。新合弁会社は世界中のゲートウエー都市に対して積極的に取り組むことになる。初期段階ではニューヨーク、ビバリーヒルズ、ロンドンなどの国際的デスティネーションがターゲットになる。さらに、Hakkasan Groupは新たな資産ポートフォリオを最大限生かすためMGM Hakkasan Hospitalityグループのホテル、ホテル式アパート開発に際してその他の有名レストランおよびナイトライフ・ブランドを投入することに注力する。

Hakkasan Group CEOニール・モフィット氏がMGM Hakkasan HospitalityのCEOとしてこの合弁会社を率いていくことになり、MGM Hospitality最高業務責任者(COO)マイケル・エバン氏が新会社のCOOになる。同社は統一した取締役会、ガバナンスの元で運営される。

モフィット氏は「MGM Hakkasan Hospitalityには現在進行中のプロジェクト、強力な経営インフラ、資本へのアクセスがあるが、今後さらに大きな機会に恵まれ、会社リソースの有効利用も向上し、経営もさらに効率的になると考えている」と延べた。

詳しい情報はウェブサイトwww.mgmhk.comを参照。

▽MGMリゾーツ・インターナショナル(MGM Resorts International)について
MGMリゾーツ・インターナショナル(NYSE:MGM)は世界を代表するホスピタリティー企業の一社で、ベラージオ、MGMグランド、マンダレイベイ、ザ・ミラージュなどのデスティネーション・リゾート・ブランドを運営している。同社はMGM Macau名のリゾートおよびカジノを所有しコタイでもカジノ・リゾートを開発中のMGM China Holdings Limitedの51%、およびARIA Resort & Casinoを展開するラスベガスのCityCenterの50%を所有している。MGM Resorts Internationalについて詳しい情報はウェブサイトwww.mgmresorts.comを参照。

▽Hakkasan Groupについて
2001年にロンドンで設立されたHakkasan Groupはミシュランの星付きレストランHakkasan Hanway Place、Hakkasan Mayfair、Hakkasan New York、Yauatcha、HKKを通じて現代的な広東料理の草分け的存在である。その後、同社はHakkasanをマイアミ、アブダビ、ムンバイ、ドバイ、ドーハ、サンフランシスコ、ラスベガス、ビバリーヒルズ、そして今年3月には上海と海外に広げてきた。その他のHakkasan Groupのブランドとしてはロンドン、ドバイの日本料理店「Sake no Hana」、サンディエゴ、デルマール、オースティンのソーシャルダイニング店「Searsucker」、サンディエゴ、ロサンゼルスの「Herringbone」、The Shops at Crystalsにある「Social House」がある。さらに最近ではシーザーズ・パレスの「PURE Nightclub」、MGMグランドの「WET REPUBLIC Ultra Pool」、サンディエゴの「Stingaree Nightclub」、アトランティック・シティーの「HQ Beach Club」「HQ Nightclub at Revel」などのナイトライフ・スポットを獲得している。Hakkasan Groupはアブダビに本拠を置く投資会社Tasameem Real Estate LLCによって所有されている。詳しい情報はウェブサイトwww.hakkasangroup.comを参照。

ソース:MGM Resorts International

▽問い合わせ先
Jackie Oribello
Hakkasan Group
Jackie@hakkasan.com
+1-702-212-8804;

Natalie Mounier
Kirvin Doak Communications
nmounier@kirvindoak.com
+1-702-737-3100

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]