logo

CTCインストラクター・コラム「Beaconフレーム」

Inst. Tech View - CTC教育サービスの講師による最新動向や重要キーワードをテーマとした連載コラム

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はCTCインストラクター・コラム「Beaconフレーム」を公開しました。

###
 今回のInst. Tech Viewは、「Beaconフレーム」についての話題です。

 Beaconとは、無線LANのアクセスポイント(AP)が定期的に発信している管理フレームの一種です。BeaconにはAP自身の情報が含まれており、無線LANクライアントは近隣のAPが発信するBeaconを収集し、最適なAPを選択します。

 Beaconの中身を知ることで、無線LANクライアントがどうやって接続するAPを見つけるのかを理解することができます。また、無線LANクライアントが目的のAPに接続できない際に、その理由を特定できる可能性もあります。そこで今回は、Beaconに含まれる情報(その中でも特に重要な部分)についてご紹介します。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]