logo

卓上型OCRラインアップの新商品 「OCR2000iモデル2700」を発売

~取り扱い可能な帳票種類の拡大とカラー・両面読み取りの高速化を実現~

東芝ソリューション株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:河井信三)は、卓上型OCRラインアップの「OCR2000iモデル2500」の後継となる「OCR2000iモデル2700」を本日から発売します。
取り扱い可能な帳票種類の拡大とカラー読み取りおよび両面読み取りの高速化を実現した卓上型OCRとして、官公庁・自治体、保険、流通業、医療などのデータ入力業務向けに販売します。

 官公庁・自治体、保険、流通業、医療などのデータ入力業務では、サイズや紙厚、紙質、色がさまざまに異なる帳票が扱われており、これらをより高速かつ安定して読み取ることが求められています。
新商品「OCR2000iモデル2700」は、新開発の卓上型OCRスキャナ「S2700」と、高精度文字認識機能や帳票識別機能などを備えた「OCRソフトウェア」で構成されます。OCRスキャナS2700は帳票取り込み機構の強化により、さまざまなサイズ、紙厚、紙質の帳票に対応すると同時に、カラー帳票読み取りで毎分120枚*1の読取速度を実現しました。これにより、サイズや紙厚、色など読み取り可能な帳票を拡大しました。この他、帳票取り込みローラの耐久性アップによる長寿命化など保守性を向上しています。

【OCR2000iモデル2700の特長】
●取り扱い可能な帳票種類の拡大
帳票取り込み機構の強化により、読み取り可能な帳票のサイズ、紙厚、紙質を拡大しました。これにより、利札やシーリングはがきの読み取り、税申告書などの各種複写帳票(感圧紙)の読み取りが可能となります。また、帳票排出時のブレーキ機構を搭載し、サイズの異なる帳票の混在読み取り時など排出後の紙揃えの負担を軽減します。

●カラー読み取りおよび両面読み取りを高速化
高速密着型イメージセンサー(CIS)とデータ転送の高速化により、カラー読み取りおよび両面読み取りの高速化を実現しました(カラー読み取りの場合、従来機(S2500)比で2倍*1)。これにより、カラー帳票や両面帳票(日付印が押印された納付書や各種申込書、チェーンストア統一伝票、臨床検査依頼書など)のデータ入力業務やファイリング業務のさらなる効率化が図れます。

●保守性/操作性の向上
帳票取り込みローラの耐久性アップによる長寿命化を実現しました。また、帳票印字のためのナンバリング機構周辺の改良により、インクカートリッジの交換を容易にしました。

●環境調和型設計
国際エネルギースタープログラム*2に適合すると同時に、動作時の最大消費電力を当社従来機(S2500)比で約35%低減しています。また、EU(欧州連合)RoHS指令に基づき、特定有害物質の管理を行うと同時に、電源ケーブルのPVC(ポリ塩化ビニル)フリー化やプリント配線基板のBFR(臭素系難燃剤)フリー化を実現しています。


 当社は、本商品の販売を通して官公庁・自治体、保険、流通業、医療などにおける各種データ入力業務の多様化するニーズに対応するとともに、今後もさまざまなお客様のデータ入力の業務効率改善に寄与していきます。

このプレスリリースの付帯情報

OCRスキャナS2700の外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

*1:A4横、200dots/25.4mmでの読み取りの場合。
*2:世界7ヵ国・地域で実施されているオフィス機器の国際的省エネルギー制度。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事