logo

日経BP社「第8回クラウドランキング」において

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:髙橋 直也、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、日経BP社(社長:長田 公平、本社:東京都港区)が2014年2月25日に発表した「第8回クラウドランキング」で、「ADWORLD(アドワールド) 自治体クラウド」が「ベストサービス」に選出されたことをお知らせします。
「ADWORLD 自治体クラウド」の「ベストサービス」選出は、「第6回クラウドランキング」および「第7回クラウドランキング」に続き、3回連続*1となります。

*1 第6回、第7回にベストサービスとして選出された電子自治体ソリューション
「e-ADWORLD2/SaaS」は2013年11月5日に日立 自治体ソリューション「ADWORLD(アドワールド)」に統合されました。

■「ベストサービス」に選出されたサービス

【特定業種業務向けSaaS部門】
「ADWORLD 自治体クラウド」

日立システムズが強みとする仮想化技術、クラウド構築技術、データセンター運用技術を活用したクラウド型のサービスです。JavaEEフレームワークに準拠した完全Web型システムで、総務省の地域情報プラットフォームに対応しています。住民サービスの向上と行政事務の改革、高度化、効率化によるTCO削減を実現します。
詳細は、リンク をご覧ください。

■第8回 クラウドランキングの概要

日経BP社のIT系総合メディアである日経コンピュータとITproは共同で「第8回クラウドランキング」を制定しました。「第8回クラウドランキング」ではクラウド時代をリードするとの期待を集めるベンダーを「ベストブランド」に、クラウドらしく移行もしやすいサービスを「ベストサービス」に選定し、参入相次ぐクラウドコンピューティング市場でユーザーの指針となることをめざしています。
「ベストサービス」はベンダー219社に依頼したアンケート調査から、クラウド関連サービスの仕様を詳しく調べた結果に基づいて選出しています。評価は「クラウドらしさ」と「既存システムからの移行のしやすさ」、「情報公開の程度」などを重視して一定の基準で実施されました。
詳細は、リンク(新規ウィンドウを表示) をご覧ください。

■日立 自治体ソリューション「ADWORLD」について

2013年11月5日に日立システムズと株式会社日立製作所、株式会社日立ソリューションズならびに日立公共システムエンジニアリング株式会社(現・株式会社日立公共システム)の4社を中心とする日立グループは、自治体向け事業を強化するために住民情報システムや介護保険システムといった、これまで日立グループがそれぞれ独自に開発、販売してきた自治体向けのIT製品やサービス群を統合し、新たに日立 自治体ソリューション「ADWORLD」として業務別に体系化しました。
詳細は、リンク をご覧ください。

■報道機関のお問い合わせ先

株式会社日立システムズ
CSR本部 コーポレート・コミュニケーション部 杉山、藤原
〒141-8672 東京都品川区大崎一丁目2番1号
TEL:03-5435-5002(直通)
E-mail:press.we@ml.hitachi-systems.com

以上

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。