logo

赤い羽根共同募金の「ふるさとサポート募金」で被災地を応援しよう!『3.11いわて沿岸地域応援募金』

社会福祉法人中央共同募金会 2014年02月26日 15時01分
From 共同通信PRワイヤー

平成26年2月26日

社会福祉法人 岩手県共同募金会

赤い羽根共同募金の「ふるさとサポート募金」で被災地を応援しよう!
『3.11いわて沿岸地域応援募金』ご協力のお願い
~3月11日(火)寄付イベント「ドネーションパーティ」を開催~

 岩手県共同募金会(岩手県盛岡市、会長:桑島博)では、『3.11いわて沿岸地域応援募金』として、被災地への寄付を募っています。2011年3月11日東日本大震災が未曾有の災害をもたらして、3年が経とうとしています。深刻な被害を受けた、岩手県の沿岸部では現在、震災によって失われてしまった地域コミュニティを復活させるべく、様々な取り組みが行われています。
 岩手県内でも募金活動を行っていますが、県内だけでは限界があります。全国の皆様にも是非、寄付にご協力いただきたくお願い申し上げます。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
わたしたちの活動を応援してください!<募金の使い道>
■「自分たちで畑作り」-復興に向けて前向きになるよう支援-宮古市 【目標額150万円】
大震災で、これまでの居場所や仕事をなくしてしまった方が多くいらっしゃいます。作物を育てる喜びや楽しみ、生活の潤い、生きがいづくり、人と人とのコミュニケーションづくりを通し、誰もが復興に向けて前向きになれるよう支援します。
■「たまには、かえっぺし大船渡」-避難者と故郷の「絆」をつなぐきっかけに-大船渡市 【目標額380万円】
市外へ避難後、大船渡市に戻る機会がない方がたくさんいらっしゃいます。でも決して故郷を忘れていないはずです。故郷・大船渡市で避難者と住民の交流を図り、「元気」になってもらい、内陸での生活を支援します。
■「町内会のための地域活動推進助成金」-住民同士の繋がりを強め地域活性化を目指す-陸前高田市 【目標額1,280万円】
大震災で多くの町内会が失われてしまいました。新しい町内会を組織しようにも、予算不足により、今でも地域行事ができず、住民同士の交流が図れない状況が続いています。新たな町内会を立ち上げ、活動ができるよう支援します。
■「見守りネットワーク強化事業」―住民同士が支え合うまちづくりを―釜石市 【目標額150万円】
復興に見通しがたたない状況から、不安の度合いは、人それぞれ様々で、複雑化しています。仮設住宅・みなし仮設住宅などでのサロン活動を通じて被災者のニーズをできるだけ細やかに把握するために個別の見守りを支援します。
■「大槌祭りで会いましょう。」―避難者と故郷の「絆」をつなぐきっかけに―大槌町 【目標額250万円】
避難者は故郷への思いを募らせながら、帰るきっかけを待っています。老若男女が参加する年に1度の「大槌祭」をきっかけに、故郷・大槌に戻ってきてもらい「やっぱり大槌っていいな」と思ってもらえる活動を支援します。
■「オレたち自慢の基地をつくりたい。」―住民自ら造るいこいのスペース―山田町 【目標額 80万円】
仮設住宅内に日曜大工ができる作業場を設け、男性の居場所づくりをします。これにより、男同士のコミュニケーションを促し、心身の健康維持、そして地域防犯活動を推進します。
■「三鉄で結ぶ地域の和~お座敷列車deサロン~」―住民交流で人のつながりを再構築―田野畑村 【目標額 80万円】
元々、同じ地区・地域に住んでいた住民が、被災により分散してしまい、交流する場や機会が少なくなっています。三陸鉄道田野畑駅・鳥越駅復活にあわせて住民交流を行い、住民同士の繋がりを再構築するきっかけを作ります。
■「つながる結っこのだサロン」―コミュニティを人のつながりで元気にしたい―野田村 【目標額 50万円】
「新しい場所に家を再建したので、ご近所さんとつながるきっかけが欲しい」「仮設住宅の空き部屋が増えてきたけれど、サロンは続けて欲しい」など、”サロンが必要”という要望を受け、サロンを通した新たな住民のつながりを支援します。

【募金方法】 全国のゆうちょ銀行、郵便局の窓口をご利用いただければ、手数料無料で送金いただけます。
口座番号:02380-6-2020
名義:社会福祉法人 岩手県共同募金会
※通信欄には是非、応援メッセージをお書きください。
★インターネットからクレジットカードでご寄付いただけます。クレジットカードでの寄付には「おもいでキーホルダー」をプレゼントしています。
このキーホルダーは、東日本大震災の津波で流されてしまった生活用品の一部を使用し、地元の方の手でひとつひとつ作られています。身につけていただき、東日本大震災を、東北を、岩手県を忘れないでください。
リンク

<『赤い羽根3.11いわて沿岸地域応援募金』 ドネーションパーティ>
ドネーションパーティとは、市民活動団体やNPOが、活動内容を説明したり、活動報告をしたりし、それを聴いた人たちが、共感した団体にそれぞれ寄付をするイベントのことです。今回は、内陸部の企業の方々に被災地の状況を理解いただき、被災地の活動費を支援いただくことを目的にしています。費用には『赤い羽根3.11いわて沿岸地域応援募金』への寄付金(1,000円)が含まれています。
このドネーションパーティに、是非ご参加ください。
開催日時:平成26年3月11日(火) 18:30~20:30
場所:ホテルメトロポリタン 本館 4階「姫神」
会費:5,000円(このうち1,000円を『赤い羽根3.11いわて沿岸地域応援募金』に寄付させていただきます)
定員:50名
参加申込:参加ご希望の方は、所属(会社名)、氏名、ご連絡先(電話番号)を明記のうえ、メールまたはFAXにてお申し込みください。お電話でも受け付けております。
内容:「岩手の地域福祉を支える赤い羽根共同募金」報告、被災地の状況の報告、懇親
申込締切:平成26年2月28日(金)

●ドネーションパーティのお申し込み・お問い合わせ先
盛岡市共同募金委員会事務局 担当:泉舘
TEL:019-651-1000 FAX:019-622-4999
メール:izumidate@morioka-shakyo.or.jp

【この件に関するお問い合わせ先】
岩手県共同募金会 担当:玉山、星
TEL:019-637-8889 FAX:019-637-9712
メール:iwate-kyoubo@iwate-syakyo.or.jp
岩手県共同募金会ウェブサイト リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。