logo

インフォマティカ、独立系IT調査会社のマスターデータ管理(MDM)ソリューション評価レポートにおいて「リーダー」に位置付けられる

インフォマティカ、マルチプラットフォームMDMの「業界基準」を牽引するベンダー3社の1社に選出

米国カリフォルニア州レッドウッドシティ発 - 2014年2月7日 - データインテグレーションソリューションにおける独立系リーディングプロバイダーInformatica Corporation(本社: 米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、NASDAQ: INFA、以下「インフォマティカ」)は本日、独立系IT調査会社Forrester Research社発行のレポート『The Forrester Wave™: Master Data Management Solutions, Q1 2014』においてインフォマティカが、「リーダー」として評価されたことを発表しました。

米国カリフォルニア州レッドウッドシティ発 - 2014年2月7日 - データインテグレーションソリューションにおける独立系リーディングプロバイダーInformatica Corporation(本社: 米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、NASDAQ: INFA、以下「インフォマティカ」)は本日、独立系IT調査会社Forrester Research社発行のレポート『The Forrester Wave™: Master Data Management Solutions, Q1 2014』においてインフォマティカが、「リーダー」として評価されたことを発表しました。

Forrester Waveのグラフィックを含むレポートの完全版は、インフォマティカのWebサイトリンクでご覧いただけます。

本レポートにおいてForrester Research社のアナリストは「業界基準となる存在であり、真のマルチプラットフォームMDMリーダーとしての高い能力を示している」ベンダーの1社としてインフォマティカを挙げ、「インフォマティカの強みはユニバーサルMDMにある」と述べています。

同レポートの作成者であるシニアアナリストのミシェル・ゲイツ(Michele Goetz)氏は次のように述べています。「従来のMDM導入環境には、マスターデータの新たなニーズに対応するアジリティ(俊敏性)が欠けていました。これに対して今日のマルチプラットフォームMDMソリューションは変化を念頭に置いて構築されているので、ユーザーは新しいデータニーズやプラットフォーム、パフォーマンスニーズなどに対応するマスターデータ戦略を実行することができます。」

今回のマスターデータ管理(MDM)を対象としたForrester Waveレポートにおいて、インフォマティカは次のように評価されています。「インフォマティカ社はあらゆるドメインからのデータのモデリング、マッチング、管理統制に利用している同社のコア機能を、ビッグデータ、クラウド、モバイル、ソーシャルIDの分野にまで拡張しています。さらに、同社は、業界別のデータ管理ソリューションの開発に、より重点を置き、個々の業界に対する営業およびコンサルティングにおける体制を整えています。このような業界に特化したアプローチを取ることによって、ユーザーは、マスターデータ管理をビジネスの結果に結び付けることが可能になります。」

また、Forrester 社のアナリストは、次のように述べています。「Informatica MDMを導入したユーザーの多くは、イノベーティブなソリューションや、複雑なビジネス課題の解決策を求めています。インフォマティカ社は、医療、保険、金融向けの各業界のMDMのコンテンツ(データ管理ソリューション)ソリューションを、他のMDM業界ソリューション向けにも広げています。」

他にも、同レポートには次のように記載されています。「インフォマティカ社のMDMソリューションのユーザーは、同社の強みとして、構成設定などの柔軟性やスケーラビリティ、パフォーマンスやビジネスへの影響に対する理解などの点を挙げています。」

Informatica MDMは、企業ニーズの高まりや変化にも簡単に対応できる優れた柔軟性を有しているだけでなく、規制やビジネスモデルの変化、進化発展するテクノロジーといった企業と共に変化・成長していくことが可能な高い能力を兼ね備えています。

インフォマティカのマスターデータ管理担当シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー、デニス・ムーア(Dennis Moore)は次のように述べています。「Forrester Research社の『The Forrester Wave for Master data Management Solutions』に選ばれることは、当社にとって非常に重要で意義あることです。専門家の評価と実際のユーザーからのフィードバックから成る同社のレポートにおいてリーダーとして評価されたことは、非常に光栄なことです。金融サービスから製造、ライフサイエンスから医療、公共分野、小売、石油、ガス、消費材まで、非常に幅広い分野を網羅しているInformatica MDMの優れた柔軟性や機能性によって、ユーザーの皆様は短時間で高い価値を引き出し、低いTCO(総保有コスト)と卓越したROI(投資効果)を実現しています。」

柔軟なモデル型のMDMアプローチによって、Informatica MDMは企業ごとの顧客、製品、サプライヤ、従業員、資産、その他の管理対象とそれぞれの関係についての信頼性や一貫性の情報の異なるビジネスニーズに応えます。インフォマティカの業界別ソリューションは、高い生産性を発揮すると共に、先進的な方法で実際のプロジェクトを始めることができます。

インフォマティカのデニス・ムーアは、「今回のForrester Research社のレポートにあるユーザーの皆様からの好意的な評価は、エンタープライズシステム環境全体を通じて業務効率を高めながら信頼できる基幹業務のマスターデータによってビジネスユーザーの可能性を広げるという当社のマルチドメインMDMアプローチの力が実証された結果であると捉えています」と述べています。

インフォマティカ社について
Informatica Corporation (NASDAQ: INFA) はデータインテグレーションソフトウェアおよびサービスにおける世界No.1独立系プロバイダーの1社です。インフォマティカのソリューションによって、世界中の企業がデータへの投資から最大限の効果を手にし、最も重要なビジネスニーズを満たしています。現在、世界5,000社を超える企業が企業内ならびにクラウドやソーシャルネットワーク等の企業外に保有する既存の情報資産から最大限の価値を引き出し、活用することに成功しています。インフォマティカに関する詳細はインフォマティカ・ジャパン株式会社(代表 03-5229-7211)までお問い合わせいただくか、弊社 Web サイト リンク をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事