logo

バラクーダネットワークスがファイル同期/共有サービス「Copy」の機能を企業向けに拡張

バラクーダネットワークスがファイル同期/共有サービス「Copy」の機能を企業向けに拡張。新たな機能と他のアプリケーションとの連携により、安全かつ簡単にコラボレーションと作業プロセスの自動化を実現。

2014年2月18日(火)カリフォルニア州キャンベル発 -クラウド対応セキュリティ/ストレージソリューションのリーディングプロバイダであるBarracuda Networks Inc.(NYSE:CUDA)は本日、同社のファイル同期/共有プラットフォーム「Copy」に企業向けの新たな機能、アップデート、そして他のサービスとのインテグレーションを発表しました。これにより、組織は場所や端末を問わず、コラボレーションや作業のさらなるシンプル化を実現することができます。

ロッド・マシューズ(Rod Mathews)のコメント                                                  
(バラクーダネットワークス、ストレージ担当ジェネラルマネージャ)
「本日の発表は、顧客体験の改善に結びつくものであり、Copyの進化における次なる段階に到達したことを喜ばしく思っています。今回の拡張は、『より安全で使い勝手のよいソリューションを』といったお客様の声に応えたものとなっています。Copyの新機能と、SignNow、Mover、Redbooth、Kloudlessとのインテグレーションは、同社と我々のパートナーにより、共同でセキュリティと利便性を顧客に提供できる素晴らしい一例であると言えます。今回のCopyの新リリースにより、ファイルの保存、アクセス、署名、共有を、どこにいてもより明朗、効率的かつ簡単に行うことができるようになります。」

Copyは個人と企業の両方を念頭に置いて設計されており、堅牢で豊富な機能が用意されています。Copyのサービスはユーザや管理者に強力な機能を提供し、ビジネスの機密データへの安全なアクセス、署名、共有が可能になります。

エンタープライズクラスのセキュリティ
Copyでは、企業の社内データの安全な管理機能を追加することにより、ユーザやグループの管理といった企業の要望に応えています。また以下の機能も提供しています。
・ セキュリティの強化 - 管理者はポリシーベースのコントロール機能を用いて、ユーザによるファイルへのアクセスや共有、または社外からの共有の権限を許可または取り消すことができます。
・ ストレージエリアの連携 – ユーザは1つのCopyアカウントからパーソナルデータまたは企業データにアクセスすることが可能で、データごとの適切な管理状態を保ちつつ、一貫したユーザ体験を実現します。

管理とアクセスをシンプル化
Copyでは、管理者が設定と管理を簡単に行い、作業プロセスを効率化できるだけでなく、以下のようなデータへのアクセスや共有に関する柔軟なオプションも用意されています。
・ UIと管理ページの効率化 - 分かりやすいデザインにより、管理者やユーザはより簡単にCopyを利用することができます。
・ モバイルアプリのアップデート - 刷新されたiOS、Android、Windowsモバイル端末向けのクライアントアプリにより、容易かつ効率的に速やかにデータにアクセスすることができます。
・ 一元管理 - シンプルな企業アカウント設定ウィザードにより、初期ファイル構造の作成や許可グループの設定が行えます。

コラボレーションと作業プロセスの自動化
Copyユーザは、ドキュメントに関して、企業ネットワークの内外を問わず、安全に署名、保存、共有することができます。Copyの最新リリースでは、Copyの活用範囲を広げるクラウドアプリケーションとの連携を可能にしており、以下のように企業でのコラボレーションや作業プロセスの自動化の改善を支援します。
・ 作業プロセスの自動化 – 先進のモバイルeシグニチャプラットフォームSignNowとCopyを統合することにより、ユーザは一度にドキュメントの電子署名と共有が可能になります。
・ コラボレーション – CopyとSignNowを、コラボレーションとコミュニケーションのプラットフォームであるRedboothと統合することで、ステークホルダの情報や承認などの書式や署名の収集を含め、シームレスに作業プロセスを自動化することができます。Copy、SignNow、Redboothの統合に関する詳細は以下にアクセスして下さい。
リンク
・ クラウドサービス – バークレーに本社を置き、メール受信箱をクラウドで利用できるKloudlessとCopyを統合することにより、ユーザはメールの受信箱のファイルをCopyアカウントから直接アクセスし、保存することが可能になります。CopyとKloudlessの統合に関する詳細は以下にアクセスして下さい。
リンク

さらに、バラクーダネットワークスは昨年末に、Dropbox、Box、SugarSyncなど他のクラウドストレージプロバイダからCopyプラットフォームに容易かつコスト効率よくデータを移行できる、オンラインデータマイグレーションのリーダであるMoverとの提携を発表しています。Moverがホスティングするプラットフォームでは、ダウンロードやインストレーションなしに、迅速、シンプル、そして安全にデータの移行、バックアップを実現するソリューションとなっています。

価格と利用
CopyはCopy.com(リンク)より無料のソフトウェア(リンク)をインストールすることで利用できます。また、Apple App Store(リンク)からiOS端末向け、そしてGoogle Play(リンク)からAndroid向け端末用の無料アプリをダウンロードすることもできます。

個人用Copyアカウントは15GBのクラウドストレージが無料にて利用可能で、有料のCopy Proプランでは、9.99米ドル/月、または99米ドル/年から提供しており、最大250GBまで利用することができます。また、企業は10ユーザのパックを79.99米ドル/月、または899米ドル/年にてほぼ無制限のストレージを利用できます。価格情報に関する詳細は以下にアクセスして下さい。
リンク

Copyのプログラムは、バラクーダネットワークスにより予告なしに変更される場合があることを、予めご了承下さい。最新のプログラムや利用条件に関する詳細は以下をご覧ください。
リンク

【バラクーダネットワークスについて】
バラクーダネットワークスは、「Simplify IT」を可能にするクラウド対応セキュリティ及びストレージソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は、パワフルで、使いやすく、且つリーズナブルな価格により、全世界15万社以上のお客様にご利用頂いており、アプライアンス、仮想化アプライアンス、クラウドなどの形で提供されています。バラクーダネットワークスは、2002年に米国カリフォルニア州シリコンバレーで創業、海外拠点10ヵ国、また80ヵ国以上において正規代理店と提携しています。2004年より日本での販売を開始し、スパムやウイルス、フィッシング、SQLインジェクション対策はもちろん、BCP、クラウド化など、リスク対策だけでなく事業継続と活性化を目指す企業に貢献してきました。スパム対策アプライアンスとしては2005年から7年連続で、導入出荷実績で国内No.1、さらにWebアプリケーションファイアウォールは2007年から6年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続しています(富士キメラ総研調べ)。 2013年11月、ニューヨーク証券取引所に上場(コード:CUDA)し、更なる成長を目指します。詳細については、リンク をご参照ください。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

* 本リリースは、Barracuda Networks Inc.が2014年2月18日(火)に発表したプレスリリースの和訳版となっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事