logo

Varonis、グローバル戦略の一環として日本に本格進出

Varonis、グローバル戦略の一環として日本に本格進出
日本事務所の開設によるエンタープライズへの本格的拡販開始。日本でのブランド認知向上、きめ細かなサポート提供を目指す。

2014年2月20日(木) - Varonis Systems, inc.(本社:米国ニューヨーク州、CEO:Yaki Faitelson)の日本支社であるVaronis Japan(東京都千代田区、カントリーマネージャ:小林 容樹)は本日、Varonis Systemsのファイルサーバ権限最適化ソフトウェア・ソリューション製品のグローバル拡販戦略の一環として、本格的な日本参入を行うと正式に発表しました。年率50-60%で増え続ける非構造化データの格納先であるファイルサーバの権限環境は複雑化し、故意・操作ミスを問わず情報漏洩の危険を誘発する可能性が大きくなり、ともすれば権限設定作業はシステム管理者にとって手に負えないほどの負荷をもたらす時代に突入し始めました。そしてファイルサーバの権限可視化・自動化・最適化のソリューションの需要は世界的なトレンドになってきています。Varonisは近年、世界主要国でのビジネス展開を行って参りましたが、世界第二の規模のITマーケットである日本市場への本格参入により、潜在顧客の開拓に乗り出す予定です。

今後は、昨年半ばにすでに開設した日本事務所を拠点に、日本人スタッフによるデータガバナンスの啓蒙活動、きめ細かなソリューション提案と販売活動、より細やかなサポートサービスを日本の顧客に向けて提供していく予定です。また、Varonisの権限委譲ソリューションであるDataPrivilege、既存ファイルサーバをそのままプライベートクラウドでファイルを共有化するDatAnywhereといった一部主力ソフトウェア製品の日本語版を2014年半ばにも提供開始する予定です。また一方では、日本語ウェブサイトの開設で日本市場でのブランド認知の向上とエンタープライズ顧客へのソリューションの浸透を目指します。

Varonisは2005年の設立以来、米国を中心に販売活動を行ってきましたが、この数年でヨーロッパ、アジア各国、中東でも急速にビジネスを展開しています。米国やヨーロッパではすでにファイルサーバの権限最適化を通したデータガバナンス分野でのマーケットリーダーとして、著名な金融機関、政府系組織、世界的なグローバル企業等、大手はもちろんのこと、様々な規模の顧客への導入実績を作ってきました。今回のアナウンスを皮切りに、Varonisは日本市場を重要視し、積極的に市場に参入していくことを表明しています。

「わたくし達は、日本においてすでに数年前から100社以上の顧客導入実績を誇っています。ご満足頂いているお客様は数万人規模の製造業、サービス業、地方自治体から、100人未満の従業員規模のお客様まで様々であり、そのご購入目的も多様化しています。爆発的に肥大化する非構造化データ環境の中でIT管理者の負担を低減する自動化目的や、正しい権限者のみが適切なデータにアクセスが可能なファイルサーバ権限の可視化・最適化の実現、あるいはIT監査対策・内部統制、リスクマネジメントに力点を置いた情報漏洩対策など、複数の課題の解決策として選ばれています。お客様の生産性向上とセキュリティのバランスを実現するためにも権限管理の最適化はより一層重要なソリューションになってくると期待しています。日本でのVaronisブランドの認知向上とともに、日本のお客様にもファイルサーバの権限管理の重要性をご案内できる機会が増えることを期待しています。日本事務所開設とともにお客様支援のみならず、販売パートナー様の拡充も視野に入れて活動していく予定です」とカントリーマネージャの小林容樹は述べています。

VaronisのCEO兼プレジデントであり、共同設立者のYaki Faitelsonは「我々はこの数年間で日本市場でも高いデータ管理意識を持つお客様にVaronisソリューションをご購入いただいてきました。今回の我々の日本市場への正式な進出の機会を迎え、世界中のあらゆる国で御好評を得てきているVaronisのソリューションを日本でも積極的にご提供できることを嬉しく思います。Human generated dataと称されるEメールやスプレッドシート、PPTやリッチメディアファイルなど、つまりは、非構造化データは今や最も急速に成長し、最も重要なデジタル情報となりました。Varonisはその非構造化データ環境にガバナンスをもたらすことにフォーカスしています。業務環境におけるファイルサーバ権限の最適化と効率化の実現とともに、セキュリティ、リスク回避、データの取り扱いに対する法令への順守も提供します」と述べています。

詳しくは リンク または日本語ページ リンク をご覧ください。


【Varonisについて】
Varonisはファイルサーバの権限管理・最適化を提供するソフトウェア開発会社でありそのリーディングカンパニーです。ファイルサーバの権限管理を通してデータ環境を安全かつ最適なものにするデータガバナンスの実現を目指しています。Varonisが持つ特許技術のメタデータフレームワークと非常に強力な分析エンジンを用いてお客様に総合的なアクセス権限の可視化やファイル分析機能を提供します。いつでも、どのデバイスからでも、正しいファイルに正しいユーザのみがアクセス権を与えられ、すべてのユーザのファイルアクセスをモニターし、不正な動きを感知するデータマネジメントソリューションを提供します。金融、公的機関、病院や医薬事業会社、サービス業、製造業、テクノロジー企業等あらゆる業種、あらゆる規模のお客様にソリューションを提供し、2013年12月時点で2,400社超のお客様実績を誇っています。
※ 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
Varonis日本事務所
〒100-6162
東京都千代田区永田町2-11-1山王パークタワー3F
エクゼクティブ・センター内
E-MAIL: jp-info@varonis.com
URL: リンクリンク

関連情報
http://ad-varonis.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。