logo

藤田観光「ワシントンホテル」と「ホテルグレイスリー」ブランドをつなぐ新たな総称「WHG(ダブリュー・エイチ・ジー)」を始動

藤田観光株式会社 2014年02月14日 15時00分
From Digital PR Platform


藤田観光株式会社(本社:東京 代表取締役社長:瀬川 章)は、運営する「ワシントンホテル(WH)」と「ホテルグレイスリー(HG)」をつなぐ新たな総称「WHG(ダブリュー・エイチ・ジー)」を始動させることで、それぞれのホテルブランドの魅力を高め、出店を加速してまいります。

ビジネスホテルを取り巻く環境は、訪日外国人客や観光・レジャー客など、ビジネス以外の目的でホテルを利用されるお客様が増加しており、今後もニーズがますます多様化することが予想されます。
これにあわせ、当社は「ワシントンホテル」と「ホテルグレイスリー」それぞれのブランドの特徴を分かりやすく示し、お客様の満足度を向上させてまいります。

「ワシントンホテル」は、IT技術などを取り入れ利便性・快適性を追求し、広島、仙台に続く地方都市ならびに首都圏のビジネス需要が見込める地域への出店を加速することで、ビジネスで活躍する皆様のニーズに応えるホテルを目指します。同時に既存ホテルにも投資を拡大し、引き続きお客様にご支持頂けるホテルを追求していきます。「ホテルグレイスリー」は、アテンダントによる観光情報の提供などサービスの充実を図り、観光需要が見込める都市への出店を拡大し、訪日外国人客、観光・レジャー客に選ばれるホテルを目指します。この両ブランドの総称を「WHG(ダブリュー・エイチ・ジー)」と呼び、国内のみならず海外も視野に入れ、出店を加速してまいります。

まずは、2015年春に新宿歌舞伎町(コマ劇場跡地)に開業予定のホテルを「ホテルグレイスリー新宿」、2016年春に沖縄県那覇市(国際通り)に開業予定のホテル名称を「ホテルグレイスリー沖縄」に決定いたしました。「ホテルグレイスリー新宿」は、地上 30階建て(130m)と近隣の建物の中ではひときわ高く、新宿歌舞伎町の新たなランドマークとなり、「ホテルグレイスリー」の旗艦ホテルとして、訪日外国人や観光・レジャー客を取り込んでまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。