logo

◎A4WPとPMAがワイヤレス充電技術の統合に合意

Alliance for Wireless Power(A4WP)/ Power Matters Alliance(PMA) 2014年02月12日 16時10分
From 共同通信PRワイヤー

◎A4WPとPMAがワイヤレス充電技術の統合に合意

AsiaNet 55775
共同JBN 0150 (2014.2.12)

【フレモント(米カリフォルニア州)、ヒューストン2014年2月11日PRN=共同JBN】
*ワイヤレス充電市場の規格統合と普及拡大の協定に調印

Alliance for Wireless Power(A4WP、リンク)とPower Matters Alliance(PMA、リンク)は11日、それぞれの組織が持つ有力なワイヤレス給電規格世界で相互に運用することを目的にした協定に調印したと発表した。誘導方式のワイヤレス充電技術で先行するPMAは、スターバックスやマクドナルドの特定店舗など多くの人気スポットに充電機器を配置し、個別充電スポットを多機能で管理可能かつグローバルなワイヤレス供給ネットワークに転換できるオープンネットワークAPIを開発した。一方、事実上の業界規格である共鳴ワイヤレス充電を提唱するA4WPは、業界の唯一の出資で磁気共鳴技術規格を開発し、「Rezence(登録商標)」の名前で国際的に製品認証制度を展開している。

今回の協定は、相互運用性を提供するとともに次世代ワイヤレス充電技術を簡素化できる技術規格を調和させることによって、業界統合に向けた明確な道筋を開いた。

協定は以下の行動を直ちに実行することを定めた。
 *PMAはシングルおよびマルチモード機器のトランスミッターとレシーバーの双方で、PMA磁気共鳴充電規格としてA4WPのRezence規格を採用する。

 *A4WPはマルチモードの誘導磁気共鳴の実装のサポートオプションとして、PMAの誘導規格を採用する。

 *A4WPとPMAはネットワークサービス管理のためのオープンネットワークAPIで協力する。

A4WPのカミル・グラジャスキー社長は「今回の発表はこの業界が今こそワイヤレス充電機器に取り組み、出荷することを促す強力なメッセージである。A4WPとPMAのメンバーには、業界を統合し、世界で採算の取れる相互運用可能なワイヤレス充電エコシステムを確立するのに必要な顔触れがそろっている」と話した。

A4WPとPMAの役員会は、この協定を満場一致で賛成した業界首脳を代表している。議決権を持つ役員企業は、A4WPがBroadcom、Gill Electronics、IDT、インテル、クアルコム、サムスン電子、Samsung Electro-Mechanicsなど、PMAはスターバックス、プロクター・アンド・ギャンブル、Powermat Technologiesなどである。

PMAのロン・レスニック社長は「ワイヤレス充電技術の普及を分かりやすくし、エコシステムにもっと整合性を持たせるべきだという業界の圧倒的な声を、われわれは真摯(しんし)に受け止めて対応した。2つの組織はその仕事を成し遂げるために必要な対策を進める。A4WPとPMAの規格の合体は、コア技術と管理ネットワークサービスの最高の選択肢で、切れ目なく、使いやすくて、かつ便利なワイヤレス充電ユーザー体験を消費者に提供する」と強調した。

IHS Technology(リンク、NYSE:IHS)の給電・蓄電部品担当アソシエートディレクター、ライアン・サンダーソン氏は「ワイヤレス給電のレシーバーとトランスミッターを合わせた世界市場での出荷は、2013年の約2500万台から2023年には17億台に急増する見通しだ。この提携協定は、消費者の広範な取り込みに欠かせない相互運用可能なワイヤレス充電エコシステムの普及に役立つだろう」と語った。

今回の協定は、国際的に相互運用可能なワイヤレス給電基準の普及に弾みを付けたい両組織の意気込みが表れた。目標はまさに「置くだけ充電(drop and go charging)」体験を消費者へ提供する採算の取れるワイヤレス充電エコシステムの確立。この世界的な取り組みでA4WPとPMAは先頭に立っている。

▽Alliance for Wireless Powerについて
Alliance for Wireless Power(A4WP)はRezence(登録商標)技術に基づく世界的なワイヤレス充電エコシステムの構築に務める独立非営利組織である。加盟企業は役員企業であるBroadcom、Gill Electronics、Integrated Device Technology、インテル、クアルコム、サムスン電子、Samsung Electro-Mechanicsなど。A4WPの使命はRezence技術規格を高めて普及させ、世界のテスト、世界で検証・認証手続きを進め、家電業界を通じて広くRezence技術の利点を積極的に推奨することである。詳しい情報はwww.a4wp.org。

▽Power Matters Allianceについて
Power Matters Alliance(PMA)はワイヤレス充電技術の世界的な相互運用性を確保するのを使命とする非営利の規格推進組織。2012年にPowermat Technologiesとプロクター・アンド・ギャンブルによって設立された。役員にはDuracellやスターバックス、米政府のエネルギースター(議決権なし)が含まれる。PMAは互換性のあるワイヤレス充電スポットを主要コーヒーショップや空港、スタジアム、レストラン、ジムなどに設けており、今後も大手小売店にはPMA準拠の製品が利用可能になる。すべての企業や団体はPMAの会員になる資格があり、すべての会員はwww.powermatters.org.からPMAの技術規格を利用できる。

ソース:Alliance for Wireless Power(A4WP); Power Matters Alliance(PMA)

▽問い合わせ先
A4WP,
Chris Prouty,
cprouty@mww.com,
(415) 987-5491

PMA, Scott
Eisenstein,
press@powermatters.org,
(212) 297-2762

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。