logo

電子マネー「楽天Edy」で複合機のコピー、プリントサービスを利用できる小額課金決済装置発売

富士ゼロックス株式会社 2014年02月12日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月12日

富士ゼロックス株式会社

電子マネー「楽天Edy」で複合機のコピー、プリントサービス利用が可能に
業界初、おサイフケータイでの支払いにも対応

富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(東京都港区、代表取締役社長:山本 忠人)は、プリペイド型電子マネー「楽天Edy」で複合機のコピーやプリントサービスを利用できる小額課金決済装置「e-MoneyCashier 2」を、2月12日より発売します。大学、ホテル、レンタルオフィス、店舗などに設置した当社複合機でコピー、プリントサービスを提供するお客様向けに販売します。

この度「e-MoneyCashier 2」で対応した電子マネー「楽天Edy」は、累計発行枚数が約8000万枚(2014年1月時点)で、そのうち携帯電話(おサイフケータイ)は約20%を占めています。全国のコンビニエンスストアなどの店舗やインターネットなど約37 万か所で利用することができます。

当社はそうした利用状況に対応し、業界で初めて、「楽天Edy」のアプリを搭載したスマートフォンや携帯電話での支払いを可能にしました。ロックカバー付きのフォルダーにスマートフォンや携帯電話を置くことで、支払いを行なうことができます。

当社は、コピーやプリントサービスを利用するお客様の利便性を向上し、かつ、サービス提供者側においても集金やコピー専用カードの管理などの負担をなくすため、電子マネーを運営する企業と協業しながら、業界に先駆けて小額課金決済装置の開発に取り組んでおります。

今後ともより多くのお客様の利便性向上に貢献するため、対応可能な電子マネーを増やしていく予定です。

■標準価格 380,000円(税別)

■「e-MoneyCashier 2」商品紹介ページ
リンク

※接続対象機種については上記ホームページをご覧ください。
※「楽天Edy」での決済を可能にするためには、サービス提供者が楽天Edy株式会社と契約していただく必要があります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。