logo

電通グループの米国Carat(カラ)が、「2014年メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞

株式会社電通 2014年02月06日 15時15分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月6日

株式会社電通

電通グループの米国Carat(カラ)が、米国アド・エージ誌が選ぶ、「2014年メディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞

米国を代表する広告業界誌である「アド・エージ誌」(Advertising Age)が、2013年の実績に基づいて選出する「2014年エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」において、電通グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーである米国Carat(カラ)(本社・ニューヨーク市)がメディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得しました。

受賞理由としては、高いデータ分析力に基づく優れた戦略性や、電通グループ内での新たな協業体制の確立などが挙げられています。なお、米国カラは、前年に続き2年連続でのメディア・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞の受賞となりました。

また、当社グループからは、総合デジタル・エージェンシーである360i(スリー・シックスティ・アイ、本社:ニューヨーク市)が、“2013年に米国において顕著な実績を残した広告会社10社(=エージェンシー・Aリスト)”の第3位に、デジタル・クリエーティブ・エージェンシーであるFirstborn(ファーストボーン、本社:ニューヨーク市)が“2014年に最も注目される広告会社10社”の一つに選定されています。

以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事