logo

第3四半期の連結業績及び通期連結業績予想

日本製粉株式会社 2014年02月06日 15時03分
From 共同通信PRワイヤー

2014年2月6日

日本製粉株式会社

第3四半期の連結業績及び通期連結業績予想
- ローコストオペレーションの推進により増収増益 -

 日本製粉(株)(社長 小寺春樹)の平成26年3月期第3四半期累計期間の連結業績は、売上高2,156億円(前年同期比105.4%)、営業利益87億円(同123.8%)、経常利益99億円(同125.9%)、四半期純利益65億円(同137.0%)となりました。

--------------------------------------------------------------------------------
 連結業績の概要
--------------------------------------------------------------------------------
(※)当社Webサイトでご覧ください
 > リンク

--------------------------------------------------------------------------------
 連結業績のポイント
--------------------------------------------------------------------------------
● ローコストオペレーションの推進
● 売上高は、製粉事業・食品事業・その他事業がいずれも増収
● 利益面では、製粉事業及び食品事業の販売数量が増加したこと、製粉事業で市況品の
  価格が堅調に推移したこと、海外事業を含むグループ経営の強化が着実に進んだこと
  等により増益

---------------------------------------------------------------------------------------------
 連結業績の概況1 ~ 収益力の強化で成長スピードをアップ
---------------------------------------------------------------------------------------------
 第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、政府による経済政策や日本銀行による金融緩和政策の効果等により、企業業績や個人消費の一部に景気持ち直しの兆しが見られました。しかし、日本経済全体が回復するまでには至っておらず、新興国経済の成長鈍化や本年4月からの消費税増税等の懸念材料もあり、依然として先行き不透明な状況で推移しました。食品業界におきましても、原材料価格や電力料等のコストが上昇、消費動向についても依然厳しい状況にあり、販売競争がより一層激化するなど企業経営の舵取りが難しい事業環境が続いております。
 こうした状況の下、当社グループは事業環境の変化に柔軟に対応し、持続的成長(Sustainable Growth)をより確かなものにするため、昨年9月と10月に(株)ナガノトマトとニップンドーナツ九州(株)を当社グループに加えて業容の拡大と収益力の強化を図り、目標の達成に向けて全力で取り組んでおります。

--------------------------------------------------------------------------------
 連結業績の概況2 ~ 増収・増益で持続的成長を継続
--------------------------------------------------------------------------------
 外国産小麦の政府売渡価格が昨年4月に5銘柄平均で9.7%引き上げられ、10月に同4.1%引き上げられたことに伴い、当社は業務用小麦粉の販売価格をそれぞれ6月と12月に改定しました。
 売上高は製粉事業では販売数量・売上高ともに前年同期を上回りました。食品事業は、パスタ及びパスタソース等の関連商品・冷凍パスタ・中食関連食品が堅調に販売数量を伸ばし、増収となりました。その他事業は、エンジニアリング事業及びドーナツ事業の売上高が前年同期を上回りました。その結果、売上高全体で増収となりました。
 利益面では、製粉事業及び食品事業ともに販売数量が増加したこと、製粉事業で市況品価格が堅調に推移したこと、グループをあげて製・販・管一体となった全事業分野にわたるコスト削減の効果により、営業利益は全体で16億円の増益となりました。経常利益は20億円、四半期純利益は17億円の増益となりました。基礎的な収益力の強化を進めた昨年度の実績を受けて、更に持続的成長をスピードアップする当期業績の進捗は順調です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 連結業績予想
 ~ 通期売上高2,900億円、営業利益110億円、経常利益115億円、当期純利益72億円
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 当社グループを取り巻く環境は、少子高齢化と人口減少による国内市場の縮小、企業間競争の一層の激化に加え、本年4月から8%に引き上げられる消費税の影響など、今後も引き続き難しい状況が続くものと思われます。
 このような困難な企業環境に対処するため、当社グループは、ローコストオペレーションの強力な推進・事業の集中と選択・事業ポートフォリオの見直しなど、国内はもちろんのこと、北米及び中国・タイをはじめとするアジア地域での海外事業を含め、構造改革のための取組みを進めてまいります。
 さらなるコスト競争力強化のため、当社の原料小麦保管能力を現状の20万トンから50%増の30万トンに引き上げる計画の一環として、一昨年10月に着工した当社千葉工場の保管能力を2万5千トン増強する原料穀物サイロ増設工事は、本年3月の完成を目指して順調に進んでいます。
 平成26年3月期の連結業績予想及び配当予想につきましては、これまでの進捗は順調であり、昨年5月14日に公表いたしました通期の予想数値を据え置いております。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。