logo

◎EF タタルスタン共和国との提携を継続

EFエデュケーション・ファースト 2014年02月06日 12時05分
From 共同通信PRワイヤー

◎EF タタルスタン共和国との提携を継続

AsiaNet 55723

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

EF タタルスタン共和国との提携を継続

ロンドン、2014年2月5日/PRニュースワイヤー/ --

企業、政府、教育の語学研修分野で世界のトップであるEFエデュケーション・ファースト(EF Education First)は、本日、タタルスタン共和国の教育省とこれまでの提携を4年間延長することで合意しました。

これまでの提携では、EFのクラウドを活用したタタール語の教育をオンラインで行うAna Teleの共同開発を行ってきました。このプロジェクトの目的は、ロシアの公用語の1つでもあるタタール語の文化および言語の保存です。初年度には1万人の生徒がAna Teleでタタール語を学びました。今後は、タタルスタン教育省が教師を手配し、EFはAna Teleのメンテナンスやサポートを行い、更に4万人以上の生徒にオンライン教育を提供していきます。

語学教育における教育省の投資(英語を含むEFのオンラインスクール)は5千人以上の教師、生徒、教授、民間企業に広がっています。

EF CLLS プレジデントのピーター・ブルマン氏(Peter Burman)は、「このような名誉あるプロジェクトをタタルスタン共和国と長い期間提携することは大変喜ばしいことです」とコメントしました。「私たちは、独自の手法で教師の人員を手配し、手頃な価格で教師と生で話せるクラウドベースの授業を4百万人のタタルスタン共和国市民全員にお届けすることができます。」

文部科学大臣であるファタコフ・エンゲル・ナバポビッチ(Fattakovh Engel Navapovich)は「教育はタタルスタン共和国の最重要項目です。EFのオンライン教育は、将来を見据えた英語教育だけでなく、タタール人の伝統や文化に不可欠なタタール語の教育を強化してくれました。」と話しています。

EF はすでにサウジアラビア教育省(T4EDU)、サウジアラビア電子大学、フランス内務省など政府機関と何千人もの教師、生徒、公的機関に言語学習研修を提供しています。また、2014年ソチ冬季オリンピック組織委員会メンバー7万人に語学研修を実施するオフィシャルサプライヤーです。

タタルスタン共和国政府との提携は、今後EFがロシア国内における事業拡大に重要な意味をもつ戦略の一つで、EFがロシアにおける様々なニーズにこたえられるかを実証することになります。

EF Corporate Language Learning Solutionsについて
EFコーポレート・ランゲージ・ソリューションズ(EF CLLS)は、EFエデュケーション・ファースト傘下の機関で、多国籍ビジネスや公共機関を対象とした企業向け語学研修の分野における、世界有数のリーダーです。当社の研修ソリューションが確実な結果をもたらすことはこれまでに繰り返し証明されており、そのことから世界中の何千社以上の組織と何百万人もの生徒が、当社へ信頼を寄せています。世界50ヶ国以上に支部を展開し、英国のケンブリッジと米国のボストンに重役向けの語学研修機関を構え、世界最先端のオンライン/オンデマンド語学学校を運営するEF CLLSは、語学研修への投資に対して、業界でも最高の結果を実現します。EFコーポレート・ランゲージ・ラーニング・ソリューションズの詳細については、ウェブサイトリンクをご覧ください。

タタルスタン共和国文部科学省については、ホームページをご覧ください。リンク

詳細は、下記までご連絡ください
スーザン・ニルソン(Susan Nilsson)
広報責任者
susan.nilsson@ef.com
Tel: +44-74-3269-2538

情報元: EFエデュケーション・ファースト

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。