logo

コラム「約10%のRubyエンジニアが年収900万円を超えているというデータ」

吉政忠志の技術者のためのトータルスキルアップコラム

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC)のグループ会社で、ITシステムの保守サポート、運用サービス及び教育サービスを提供するシーティーシー・テクノロジー株式会社(代表取締役社長:藁谷二郎、本社:東京都千代田区、以下:CTCテクノロジー)はコラム「約10%のRubyエンジニアが年収900万円を超えているというデータ」 (吉政忠志)」を公開しました。

少し前に某社の大阪セミナーの説明文章に「約10%のRubyエンジニアが年収900万円を超えているというデータ(2013年7月  INDEED)」というフレーズがあり、このことに「えー!そんなに稼げるの?」ということで、ちょっとした騒ぎになり、そのセミナーのページに大量の人 が見に来たということがありました。

 日本のプログラマーの平均年収が400万円なので、Rubyをマスターすれば給与が2倍以上に増える! という言葉が一人歩きしたりして、様々な意見がTwitter上で飛び交っていました。

 年収900万円! となれば、おおー! となる金額になりますが、平成21年度の国税庁発表の資料を見ると、年収900万円以上の割合は全労働人口に対して8.4%存在していますので、 Rubyistが目立って高いわけではないということが言えます。別の見方をすれば、Rubyistがようやく日本の平均を超えてきたということが言える のかもしれません。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事