logo

京セラドキュメントソリューションズジャパンのデジタル複合機と、ウォッチガードのUTMアプライアンスが連携

2014年2月5日(水)-企業向けセキュリティソリューションのグローバルリーダであるWatchGuard(R) Technologiesの日本法人である、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区、社長執行役員 根岸正人、以下ウォッチガード)と、同社の販売パートナーである、京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長 古賀真、以下京セラドキュメントソリューションズジャパン)は、ウォッチガードが提供するUTM(統合脅威管理)アプライアンス(XTMシリーズ)を活用し、京セラドキュメントソリューションズジャパンのデジタル複合機の操作パネルから、セキュリティに関する多様なレポートが直接出力できる「セキュリティーレポート連携パッケージ」を提供開始すると発表しました。

近年、FAX、スキャナ、ファイルサーバなど多機能化したデジタル複合機に代表されるオフィス機器はIoT(Internet of Things)化が急速に進んでいます。昨年には複合機を経由して一部の情報が外部より閲覧可能となる事がセキュリティアラートとして話題となりました。独立行政法人情報処理推進機構(IPA)も、「オフィス機器にも適切な通信制限と認証によるアクセス制限を施すことが必要です」と題し、注意喚起を行い、様々な情報を公開しています。このような背景から、インターネットにつながる複合機のセキュリティにも関心が高まっています。しかしながら、中小規模企業ではネットワーク管理者の人材確保が難しく、ネットワークセキュリティへの対応が遅れています。

ウォッチガードは昨年の6月に、ドキュメント&プリントソリューション販売のリーディングカンパニーである京セラドキュメントソリューションズジャパンと、ウォッチガードの常に最新のベストインクラスのセキュリティ機能を搭載したUTMアプライアンス「WatchGuard XTMシリーズ」に関する販売契約を締結しています。

京セラドキュメントソリューションズジャパンは、中小規模企業におけるネットワークセキュリティ対策とその運用における課題を解決する「セキュリティーマネージメントサービス」を提供しており、複合機/プリンタの販売・保守を通して、中堅・中小規模企業へ高いセキュリティを保つネットワーク環境の構築をサポートしています。WatchGuard XTMシリーズの導入を支援するだけでなく、導入後の運用保守までワンストップで提供することにより、ネットワーク管理担当者を持たないお客様にも、安心して運用負担を最小限に抑えたセキュリティ対策ソリューションを提供しています。

今回、京セラドキュメントソリューションズジャパンは、複合機の操作パネルからネットワークセキュリティに関する稼働レポートを印刷出力できる、日本初、業界初の「セキュリティーレポート連携パッケージ」を新たに提供開始します。「セキュリティーレポート連携パッケージ」では、「拒否パケット一覧レポート」、「ウイルス検知レポート」、「コンテンツフィルタリングブロックレポート」、「クライアントごとのWebアクセス一覧」、「REDブロックレポート」といったセキュリティ運用で重要な5項目のセキュリティ可視化レポートをデジタル複合機の操作パネルから直接印刷することが可能となります。セキュリティ対策の効果を、分かりやすいグラフィカルなレポートとして提供し、「セキュリティ機器を導入したが、その効果が把握しづらい」といった課題を解決し、セキュリティ対策の運用面に対し、使い慣れた複合機での簡単な操作で導入効果を測定することが可能になります。

(京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社 代表取締役社長 古賀真)
「常に最新のセキュリティ対策を維持するには導入スピードが大事であり、その点ウォッチガードのUTMアプライアンスは、常時最新のベストインクラスの技術を取り入れ、非常にコンパクトに集積されたデバイスであり、管理性、コストパフォーマンスの面からも、複合機においても安心したセキュリティを確保することができます。」

(ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社 社長執行役員 根岸正人)
「将来的には、インターネットにつながっているすべての機器のセキュリティ対策を講じる必要がある時代が到来します。京セラドキュメントソリューションズジャパンが今回リリースするサービスは、正にその先鞭をつけるものであり、IoTのきたるべき普及に向けての布石の第一歩であると考えています。」

(新ソリューションについて)
【名称】 「セキュリティーレポート連携パッケージ」

【内容】(ウォッチガードのUTMアプライアンス、京セラドキュメントソリューションズジャパンの複合機、セットトップボックスをパッケージ化したソリューション)

【レポートタイプ】
・ 拒否パケット一覧レポート
・ ウイルス検知レポート
・ コンテンツフィルタリングブロックレポート
・ クライアントごとのWebアクセス一覧
・ REDブロックレポート

【希望小売価格】 オープン価格

【販売開始日】 2014年2月5日

(既存サービスについて)
【名称】 「セキュリティーマネージメントサービス」

【希望小売価格(税別)】 60,000円/年間

* 上記価格は本体のみの価格であり、オプション、設置費用、保守料金等は価格に含まれておりません。
* 記載されている内容は、本日時点のものです。

【京セラドキュメントソリューションズジャパンについて】
京セラドキュメントソリューションズジャパンは、複合機・プリンターメーカーである京セラドキュメントソリューションズの日本国内販売会社です。モバイル情報機器やクラウドコンピューティングなどの普及等、多様化、高度化、グローバル化と、ビジネスにおける環境が大きく変化する中で、単に複合機やプリンターの販売や保守サービスの提供だけに留まらず、お客様に直接向き合い、経営課題の解決、企業価値向上に繋がるトータルドキュメントソリューションを提供することで、社会貢献を果たしてゆきます。

【WatchGuard Technologiesについて】
WatchGuard(R) Technologiesは、業界標準ハードウェア、ベストインクラスセキュリティ、ポリシーベースの管理ツールを独自アーキテクチャにより統合したビジネスセキュリティソリューションを提供するグローバルリーダとして、全世界の企業にセキュリティソリューションを提供しています。WatchGuard ファミリ製品は、複数のセキュリティサービス、シングルコンソールによる導入と管理、インテリジェントに統一された脅威管理を統合し、「スマートセキュリティ」のコンセプトのもとに、すべての規模の企業に安全なビジネスの継続を支援します。ウォッチガード製品は先進的な独自のサポートプログラムLiveSecurity(R)により守られています。本社を米国ワシントン州シアトルに置き、北米、ヨーロッパ、アジアパシフィック、ラテンアメリカに支社を展開しています。日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は、多くのパートナーを通じて、アプライアンス製品の販売のみならず、マネージド(管理)サービスも提供し、セキュリティの「見える化」、セキュリティとネットワークの「管理」など拡大するニーズに対し、ソリューションを提供しています。詳細は リンク をご覧下さい。

WatchGuardは、WatchGuard Technologies, Inc.の登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社
〒153-0051
東京都目黒区上目黒2-9-1 中目黒GS第1ビル3階
マーケティング担当:堀江
Tel: 03-6451-0791
Fax: 03-6451-0792
Email: jpnsales@watchguard.com
URL: リンク

京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社
〒158-8610
東京都世田谷区玉川台2-14-9
マーケティング担当:石垣・駒井
Tel: 03-4232-2110
Fax: 03-4232-2111
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事