logo

明治12年の創刊号から135年分の記事情報が使える「ハッカソン」を開催

株式会社朝日新聞社 2014年02月04日 11時38分
From PR TIMES

朝日新聞社が「データジャーナリズム・ハッカソン」で提供

 朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:木村 伊量)は、2月から3月にかけて開催する「データジャーナリズム・ハッカソン」(リンク)で、明治、大正、昭和の紙面イメージを含む新聞データベースを「ハッカソンで活用できるデータ」として提供します。



 ハッカソンとは、プログラマーやデザイナーらが集まり、短期間で集中的にアプリケーションやウェブサービスなどをつくるイベント。今回の「データジャーナリズム・ハッカソン」は、記者や編集者、プログラマー、デザイナーら様々なスキルを持った人が集まり、データを活用して社会問題を分かりやすく伝えるコンテンツやアプリケーションづくりに挑戦する。社外から協働するプログラマーやデザイナー、データ分析などのスキルを持った参加者を募集中です。

 今回ハッカソン用に提供されるのは、朝日新聞社が大学や公共図書館向けに提供している「聞蔵(きくぞう)IIビジュアル」で、明治12年の創刊号から今日まで135年分の紙面から記事・広告約1350万件が検索できる国内最大級の新聞データベース。これ以外にも、オープンデータに取り組む国際機関や、試行的にスタートした行政データ公開サイト「data.go.jp」(リンク)などからも協力を得る予定です。

※参加申し込みやプログラム詳細などは、リンク に掲載。


ハッカソン開催概要
■日時:
・アイデアソン 2/20(木) 19-22時(予定)
・ハッカソン 3/1(土)、2(日) 10-18時(予定)
■場所:朝日新聞東京本社 読者ホール他
■概要:朝日新聞記者が自身の問題意識や取材で得たデータを公開・共有し、その社会問題をわかりやすく伝えるコンテンツを、社外のエンジニアやデザイナー、編集者らとともに作ることを目指します。1グループ8人程度、6、7グループをつくって進めます。
■参加者募集について:
定員80人。誰でもご応募いただけます。ただし、参加希望者多数の場合、エンジニア、デザイナー、データアナリスト、編集者など、データジャーナリズムに必要なスキルを持っている方を優先させていただきます。(2月5日締め切り)

※朝日新聞のこれまでのデータジャーナリズムへの取り組みはこちら
リンク

●朝日新聞社の「未来メディアプロジェクト」について
朝日新聞社は、テクノロジーを受け入れ、進化し続けることを目指して「未来メディアプロジェクト」を昨年立ち上げました。今回のハッカソンはこの一環です。行政や企業が保有データを公開し、市民と協働して新しい価値やサービスを生み出す動きが国内外で広がるなか、朝日新聞社も開かれた場を設けていきたいと考えています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事