logo

「Rookie Saas Redmine」提供開始のお知らせ

株式会社ルーキー 2014年02月03日 12時28分
From RELEASE PRESS

株式会社ルーキー(所在地:東京都豊島区)は、プロジェクト管理ソフト「Redmine」(リンク /)およびバージョン管理ソフト「Subversion」(リンク)を利用できるサービス「Rookie Saas Redmine」(リンク)の提供を2014年1月20日(月曜)より提供開始いたします。 「Rookie Saas Redmine」をご利用いただくことで、ドキュメントのバージョン管理、プロジェクトの管理を自身でサーバなどを構築することなく手軽に利用することができるようになります。

■プロジェクト管理の意義

従来、進ちょく管理やタスク管理はExcelなどを使用して手作業で行われてきました。
しかし、状況更新が遅れがちになる、途中での計画変更が複数の作業に影響を与えてしまう、作業状態の追跡が難しいなど、プロジェクトが進むにつれて機能しなくなっていくのが実情です。
「Rookie Saas Redmine」のような専用システムを利用することにより

・ガントチャートの利用
・チケットでさまざまなタスクを一元管理できる
・ワークフロー管理が使いやすい
・バージョン管理とチケットを連携できる

などが行え、これらの課題の多くを解決することが可能です。

■バージョン管理の意義

ドキュメントの管理は通常ファイルサーバによる共有によって行われてきました。
しかし、複数の人間がドキュメントにアクセスすることにより、内容に矛盾が生じたり、文章が紛失する、内容が変わってしまうなどの弊害があり、結局各個人ベースで管理してしまいファイルサーバは単なる物置となってしまうのが現状です。
これらを防ぐために、変更の度にファイルのコピーを作成していく方法などがありますが、それぞれのファイル名の対応の管理や各変更がどんなものかの記録が必要となり、手作業の管理は非常に煩雑な物になってしまいます。
「Rookie Saas Redmine」のような専用システムを利用することにより

・ディレクトリ構造によるファイルの保存
・ファイルに加えられた変更履歴の保存/管理
・排他的編集を行うためのロック機構
・複数人が同時に同一のファイルに変更を加えた際の競合解決

などが行え、これらの課題の多くを解決することが可能です。

■複数拠点間での運用

従来、前述のようなシステムを複数の拠点、会社で利用する場合にはサーバの構築、運用、インターネットへの固定IPによる接続など非常に高いハードルがありましたが、「Rookie Saas Redmine」を利用することでそれらの苦労をすることなく手軽にシステムをスタートすることが可能となります。


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事