logo

◎Ziehm Imagingが最新のCアームZiehm Vision RFD Hybrid Editionを展示へ

Ziehm Imaging 2014年01月28日 12時15分
From 共同通信PRワイヤー

◎Ziehm Imagingが最新のCアームZiehm Vision RFD Hybrid Editionを展示へ

AsiaNet 55646
共同JBN 0099 (2014.1.28)

【ニュルンベルク(ドイツ)2014年1月28日PRN=共同JBN】医療機器の革新的リーダーであるZiehm Imagingは、ドバイで開かれる今年の医療展示会Arab Healthで、ハイブリッドOR(オペ室)の要件にぴったり適応するCアーム(移動式TVモニター一体型エックス線透視診断装置)Ziehm Vision RFD Hybrid Editionを展示する。この初の完全電動移動式Cアームは、視覚によるジョイスティック操作、25kW発電装置、各種安全機能、最少線量による最大限の造影クオリティーなどを提供する性能を備えている。

▽革新的な電動化
Ziehm Vision RFD Hybrid Editionは、固定装置にはない柔軟で空間と費用の節減となる選択肢を提供する。Ziehm Imagingのマネジングディレクターであるクラウス・へルンドラー氏は「われわれは新世代のZiehm Vision RFD Hybrid Editionによって、水平方向、垂直方向、軌道回転、射角の4座標軸で、移動式Cアームの完全な電動性を提供する。それぞれの位置はボタンに触れるだけで記憶され、いつでも再度読み出せる。これによってオペレーターは、OR台上の装置を常に再配置する必要もなく、意図する表示角度と解剖学的視覚化にアクセスすることができる」と語った。

▽Distance Control
Ziehm Imagingの電動Cアームは、非接触衝突防止をサポートする支援装置であるDistance Controlを備えている。自動的な表面検出機能が、フラットパネルの下端に統合されており、アームの動きは特定のセーフティーゾーン限界直前に停止する。

新しいHybrid Editionは、標準バージョンで効果的な液冷装置を提供する唯一のCアームである。Ziehm Vision RFD Hybrid Editionは回転陽極と25kW電源で鮮明な画像を提供する。線量低減を目指す総合的コンセプトであるSmartDose、適応フィルタリング技術であるODDC (Object Detected Dose Control)およびPreMag(radiation-free magnification)など多くの機能を結合している。Ziehm Imagingの展示は、1月27-30日Dubai International Convention & Exhibition CenterのS2B70スタンドで行われる。

▽報道関係者問い合わせ先
Ziehm Imaging
Martin Herzmann Director Global Marketing
Martin.Herzmann@ziehm-eu.com
Tel: +49-911-2172-0
Fax: +49-911-2172-390
リンク

ソース:Ziehm Imaging

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事